カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1605冊目 放課後はミステリーとともに
放課後はミステリーとともに (実業之日本社文庫)放課後はミステリーとともに (実業之日本社文庫)
(2013/10/04)
東川 篤哉

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 主人公は右投げ右打ち本格派の霧ヶ峰涼。元気さえあれば入れるという学校で探偵部の副部長を務める高校二年生である。探偵部とは読んで字の如し、探偵を行う部活であるというのだが、これほどまでに受け身な部活も珍しい。なにせ、事件が起こらなければ、探偵部に活躍の場は無いのである。いや、事件が起こっても、探偵部に相談しようという物好きがどれほどいるものやら。

 だが、身近なところに事件は潜んでいたのである。

 探偵部は、実は部活としての要件を満たしていない。顧問が居ないから、だ。なので、涼の副部長という役職も、内輪における勝手なものに過ぎない。3~8名居るという探偵部は、ここで状況の一大転換点を迎えんと決意する。つまり、顧問をゲットして正式な部活への昇格を狙うのだ!

 斯くして探偵部への顧問就任交渉に向かった涼だったが、ヘボ野球部の珍プレー見学に時間を費やしすぎてしまったためか、目指す相手には会えずじまい。失意の涼だったが、なんと泥棒らしき人物と遭遇する。途中で現れた生徒たちと犯人を追跡するのだが、なんとその姿は忽然と消え失せてしまうのだった。犯人はどこへ?

 探偵部副部長である涼だけではなく、周りの人も探偵として活躍してしまう、軽いノリの短篇集。遺産目当ての殺人事件が起こったり、芸能人のスキャンダルに絡むネタがあったりと、高校生にしては周りに事件が起こりすぎのような気がしなくもないが、殺人ばかりが起こる某名探偵の孫よりはずっとマシでありましょう。ちょっとした時間の合間合間に読むのに向いていると思いますです。
関連記事
スポンサーサイト

推理小説 | 2014/12/23(火) 19:38 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。