カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1602冊目 櫻子さんの足下には死体が埋まっている 冬の記憶と時の地図
櫻子さんの足下には死体が埋まっている冬の記憶と時の地図 (角川文庫)櫻子さんの足下には死体が埋まっている冬の記憶と時の地図 (角川文庫)
(2014/06/20)
太田 紫織

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 前作の最終話では、2体の、いずれも蝶形骨を欠いた白骨が発見された。一体は犯人が明らかになるのだが、もう一体の白骨は誰のものかも分からない。櫻子さんは、それをまだ正体の明らかになっていない連続殺人犯の仕業であると推測する。

 というのは、法医学者を長く勤めて引退した彼女の叔父の記録に、あるのだ。蝶形骨の無い遺体の話が。

 蝶形骨は繊細な骨で、取り出すのが難しい、と言う。それだけが綺麗に失われる死体がそうそうあるわけがない。かくして、櫻子さんは叔父が付けていた資料を漁り、過去の事件を洗いなおす。

 その事件は、最終的にある女性が自殺したとして片付けられていた。確かに、そう考えて矛盾があるわけではない。性に奔放だったらしい彼女は揉め事を抱えていたし、自殺の直前には本人を悩ませたであろう問題もあった。関係者に話を聞いても、そうしたマイナス面ばかりが聞こえてくる。妹を除いて。妹は、姉の問題は知りつつも情愛を持っていた。だから、事件を調べる櫻子さんたちにも賛同する唯一の人物となった。

 謎の殺人犯は存在するのか?はたまた、この件は本当に自殺だったのか?

 これまでの短編集から今作では初めて長編と姿を変えている。その分、少し間延びした感が無いわけではないが、彼女の行動をじっくり追いかけているので、密度は変わらないかな。ただ、やっぱりアクの強さは減ってきているように感じられる。無口で辛辣というのは変わらないけど、毒の成分が少なくなったかな。もっとも、それは主人公とより親しくなったことによる変化なのかもしれないけど。萌えキャラなんかにならないで、強烈なままで居てほしいなあ。

 刊行されている分は読み終わってしまったので、続きが出るのをのんびり待つことにする。
関連記事
スポンサーサイト

推理小説 | 2014/12/17(水) 19:38 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。