カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1600冊目 僕僕先生
僕僕先生 (新潮文庫)僕僕先生 (新潮文庫)
(2009/03/28)
仁木 英之

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 唐は則天武后と韋后という2人の女性が権力を握った、所謂"武韋の禍"の後に即位したのは、李隆基。後に玄宗と諡されることになるこの皇帝の治世を一言に纏めてしまうと、前半は隆盛・後半は没落である。前半については"開元の治"とも呼ばれ、社会的にも極めて安定した時代であった。

 本書の舞台は、この玄宗皇帝即位の直後である。諡号が本人の死後に与えられるものであることから、当然この皇帝を玄宗皇帝と呼ぶことはできない。

 主人公は、怠け者の王弁。彼の父は元役人で、しっかりと私財を貯めこんでいた。だから、彼は悟ったのだ。そのカネがあれば、一生を働かずに過ごすことができる、と。親の説教は適当にやり過ごし、面白おかしくは無いかもしれないが苦労を知らない人生を送っている。

 そんな彼が、ひょんなことから近くに住むという仙人の元へ使いに出される。辿り着いた先で彼を待っていたのは、どう見ても10代の少女にしか見えない人物で、僕僕と名乗るのだった。曰く、名などには意味が無いということである。そして、王弁に対して仙人になるための素質には欠けるが、執着が無いところは筋がある、などと言うのであった。

 結局、王弁は僕僕先生と付かず離れずの関係を保ちながら(時に色香に迷いながら)、半分弟子のような存在になっていく。

 面白いのは、中国で好まれる仙人を上手く絡ませているところ。東方朔のように実在の人物の名前が出てきたり、神話を上手くはめ込んだりと、中国史好きには堪らない。しっかり玄宗皇帝の朝廷にまで入り込んでしまうという設定はお見事。

 息子が仙人に渡りを付けたことをこれ幸いと介入したがる現金な親父殿に辟易したり、神話を上手く使いつつ赤兎馬まで出してくるセンスに脱帽したりと実に楽しく読むことができた。

 平和なだけでは終わらない。終盤、天界の都合で僕僕は地上から離れなければならないように追い詰められていく。また、地上側でも怪力乱神を嫌う官僚制力は仙人の排除を狙う。主人公がここにきて発奮するところが、ストーリーとしても良いなあ。賞を取ったのも納得の作品。
関連記事
スポンサーサイト

その他小説 | 2014/12/15(月) 21:19 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。