カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1598冊目 GOSICK ―ゴシック―
GOSICK  ―ゴシック― (角川文庫)GOSICK ―ゴシック― (角川文庫)
(2009/09/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 第一次世界大戦という巨大な惨禍が過ぎ去り、平和な世の中が訪れたはずのヨーロッパ。そう。当時は、ドイツの国力が徹底して削がれたため、勢力均衡を求める列強にとっては、近い将来に再び戦争が、それも前回以上に凄まじい戦争が遠くない将来に起こるなど、夢にも思われなかったのである。

 物語の舞台となる1924年は、ナチスドイツの台頭もまだ酒の話。戦勝国であったヨーロッパの小国ソヴュール王国には大戦の傷跡も無く、穏やかな日々が訪れていた。

 日本からソヴュール王国へ留学に来ていた久城一弥。彼はある少女に出会う。貴族の血を引く美少女ながら男性名を持つヴィクトリカ。彼女は授業にも出ず、ラプンツェルよろしく塔のような図書館の最上階で本を読み耽るのであった。どうしたことか、彼女は久城を気に入り、退屈凌ぎに利用するのであった。

 ヴィクトリカが久城をからかう、いつも通りの日常を打ち破ったのは、妙ちくりんな髪型(ドリルのようだと言われる)をした警部。彼は久城のところにやってきて、近隣で起こった不思議な殺人事件について話を始める。本当の目的はヴィクトリカに聞かせて犯人を推理してもらうことなのだが、どういうわけか素直にそう頼むことはせず、まどろっこしいことをするのだ。

 勿論、ホームズばりの強引な推理によって、犯人がやったことは全部全てお見通しとなってしまい、いつもの様にドリル警部はそれを自分のお手柄にする。主人公が登場するシーンはやっぱり俺たちこんなに凄えんだぜと思わせるようじゃなければダメですね。

 さて、この事件解決がきっかけとなって、ヴィクトリカと久城は奇妙なクルーズに入り込むことになる。そこは、悪意を持った何者かが、他の参加者の殺害を目論むものであった。そして、その船にはどうやら忌まわしい秘密が隠されているようなのだ。

 物語は過去に起こった惨劇と、それをなぞるようにしながら行われる現在進行形の事件を交互に繰り返す形で語られる。過去の惨劇とは何なのか?それと今起こっている事件は関係があるのだろうか?そして、ヴィクトリカと久城は生きて帰ることができるのか。

 読み始めるとなかなかおもしろく、ホームズチック(絶対に念頭においていると思う)な後出しジャンケン的推理も楽しい。この作品も続きを読んでみようかな。
関連記事
スポンサーサイト

SF・ファンタジー | 2014/12/11(木) 19:05 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。