カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1588冊目 気になる科学 (調べて、悩んで、考える)
気になる科学 (調べて、悩んで、考える)気になる科学 (調べて、悩んで、考える)
(2012/12/21)
元村有希子

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 毎日新聞の科学部記者元村有希子さんによるコラム集。科学部にいるのに、ご本人は学生時代理系科目には全然関心を持てなかった、という。それなのに、何の因果か科学部に回されてしまったというのが、いかにも文系偏重の新聞社らしい(苦笑)。まあ、理系出身者の方が生涯賃金が低いという、技術立国を自称するにはお粗末かつ恥ずべき状況にあるので、これは毎日新聞だけの悪弊ではないだろうが。

 閑話休題、本書は上述の通り科学報道の記事を集めたものではなく、コラム集である。そのため、はっきり言ってしまえば、深く掘り下げられていない、レベルの低い話題が多いのも事実だ。一方で、科学報道に携わるジャーナリストが何を考えて仕事をしているのか、あるいは、記事にはならねども取材の現場で起こる面白いことを、自由に書いているので、構えずに読めるのは良い。

 職業柄、また、ご本人の関心の向きから、東日本大震災と福島原発事故に関する記事が多い。確かに、原発は使わなくて済むのであればそれに越したことはない。しかし、原発の代替技術も全てノーリスクではないのだ。火力などは多数の死者を生むのが確実視されていて、福島原発事故が起こっても放射線障害による死者は統計上無視できるとされるのとは大きな違いがある。そういう冷静な取材は無いのだろうか?

 面白かったのは、科学者とのふれあいについて。iPS細胞の発見でノーベル賞を受賞した山中教授。彼の持ちネタは自らの髪の薄さを、iPS細胞の技術を使えば解消できるかもしれないというもので、記者は笑っていいのか悪いのか悩むという。流石は関西人、そこは笑ってあげましょう(笑)

 また、最後に『性転換する魚たち』からの引用の形で、ファインディング・ニモが実は物凄い話であることに触れられている。笑いなしでは読めないと思われるので、是非こっそりと読んで頂きたい。私はこの本を読みたいリストに入れておきました。

 こんな感じで、本当に気軽に読めるので、軽い読み物としてもどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2014/11/29(土) 21:52 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。