カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1574冊目 まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」
まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」
(2010/12/29)
橙乃 ままれ

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 魔王と勇者。剣と魔法。うむ、ファンタジーの王道だ!勇者が艱難辛苦を乗り越えて、絶体絶命の危機を救った女の子と仲良くなっちゃたり、仲間の1人が実は敵のスパイで一度は裏切るけど最後の最後で回心して勇者を救って自分は死んでしまったり、ラスボスは実は身近な人だったりする、そんなファンタジーが好きだ。

 でも、本書はそうした物語とはちょっと、いや、だいぶ違う。冒頭でいきなり魔王(巨乳美女)と勇者(髪の毛がもふもふ)が出会う。そして、サブタイトルにある会話が交わされるのだ。世界の半分を餌にした竜王みたい。

 面白いのは、魔王が頭脳派で、力で解決というマッチョな思想を嫌っているところ。彼女は人と魔物が互いの完全排除のみを目指して相争うことを嫌っている。だから、彼女の目指す世界、力ではなく知が重要で、争いの無い世界を目指すために、人間界の協力者を得ようと勇者と仲良くなろうとする。

 何とも奇想天外なスタート。結局、勇者は敵の王を倒せば終わりというある意味で楽なやり方を捨てて、魔王と結託して世界を変えるという新たな旅に向かう。

 そこは、中世ヨーロッパを思わせる世界。ろくな食料がなく、冬はブタを潰して食いつなぐ。教会が力を持ち、農奴が苦しい生活を強いられる。魔王と勇者がやろうとするのは、この社会を近代化すること。なので、ノンフィクション顔負けに、農政改革やら教育改革が行われる。って、これ本当にファンタジーか?(笑)

 ある程度の世界史の知識があれば、こんな技術やらあんな技法が発達してくるというのを順に追いかけているので、安心感がある。ご都合主義なまでに話が上手く進むのがちょっと気にくわいなところはあるし、萌えキャラに堕した魔王さまにあまり惹かれはしないのだけど、続きは気になる。読んでみよう。
関連記事
スポンサーサイト

SF・ファンタジー | 2014/11/13(木) 19:56 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。