FC2ブログ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
112冊目 陸軍尋問官
陸軍尋問官

クリス・マッケイ著 / グレッグ・ミラー著 / 中谷 和男訳

扶桑社 (2005.11)


評価:☆☆☆


 ”テロとの戦い”における、弾が届かないくらいの後方で活躍する尋問官の活躍を描いたノンフィクション。捕虜との心理戦の様子は迫真に満ち、裏方のもつ意味と活動内容を垣間見ることができる。重要な情報を持っているのか、いないのか。それすら分からない捕虜たちを問い詰め、精神的に追い込んで全てを告白させるのは当然ながら容易なことではない。だが、拷問はジュネーブ条約で禁止されており、かつ尋問官には拷問が有効ではない(あることないこと尋問官の望むことを自白させてしまうため)が教え込まれているのでしらばっくれるばかりの捕虜との対決は時間を要することになる。

 捕虜はまず一通りの取調べを受ける。それが本書で書かれているところである。そこで重要な情報を握っていると分かれば、かのキューバのグアンタナモに送られ、さらに取調べを受ける。

 ということは、自動的に本書で触れられるのは初期のあまり重要とはいえない情報であり、同時に調査のごくごく一部であるに過ぎない。そういった点で、調査の全体像を期待すると裏切られることになる。また、尋問官たちの苦労は十分に伝わってくるし、デマに振り回されたり煮ても焼いても食えないような捕虜との心理戦に疲弊する姿はわかるのだが、肝心の情報の中身はほとんど分からない。戦争の全体像を求めると期待はずれに終わるだろう。
関連記事
スポンサーサイト




ノンフィクション | 2006/04/08(土) 18:19 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する