カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1559冊目 専門家の予測はサルにも劣る
専門家の予測はサルにも劣る専門家の予測はサルにも劣る
(2012/05/23)
ダン・ガードナー

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆☆


 未来は誰にも分からない。確かに。でも、同じ分からないにも程度があるはずだ。例えば経済。経済学は数学を使っていていかにも学問っぽい感じがするし、ノーベル数学賞の代わりに経済学賞だって無理やり作った。未来が予測できてもおかしくないのではないか?

 だが、こうした期待は悲惨なほどに、悲惨を通り越して喜劇的なまでに間違っている。タイトル通り、専門家の予測はサルにも劣る。テレビで滔々と自説を述べるあの学者も、数年後の景気の行方を大胆に予想したあの本も、必ずや外れることでありましょう。そもそも、彼らがそんなにも精確に未来を予想できるのであれば、投資で大金持ちになっているはずだ。そして、彼らは大金持ちではない。である以上、彼らの予想が外れるのはおかしくない。

 本書には実際に専門家がどれほど未来予想を外してきたか、その事例が豊富に収められている。それも些細なものではない。歴史的に見ても大事件と言えるようなことすら外してきた。

 例えば、ソ連崩壊を的確に予想した人はほとんど居ない(公平を期すため、本書には数少ない例外が載っている)。石油の値段の推移も予想を大きく裏切ってきた。近年では、リーマンショックですら、専門家は予想できなかった。フセインが大量破壊兵器を隠し持っていると自信満々に宣言してイラクに侵攻した米軍が遂にそれを見つけられなかったのもそうだ。

 どうしてこんなことになるのだろう?一般人よりもより多くのことを知っているからこその専門家で、だからこそ一般人は彼らの御託宣を仰いでいたというのに。

 専門家が外した予想、言い当てられなかった出来事をただ羅列しているのではない。どのような専門家がより予想を外すかという、ちょっと意地悪なことにも光を当てている。それによると、実に困ったことに自信満々な人ほど予想を外すそうである。何故か?彼らは、ある法則を使って未来を予想している。彼らはその法則に自信を持っているが、そもそもその予想が正しいとは限らないし、仮に正しかったとしても、初期条件がほんの少し違うだけでも結果は大きく変わってしまう。

 後出しジャンケン的に見れば法則があるようにしか感じられない出来事も、実は偶然の産物であったり、サンプリングが誤っていたりするのだ。その例にアルビン・トフラーが出てくるのは、昔からの読書家には痛い指摘かもしれない。

 タイトルは、こうした未来予想を専門家にやらせたのと、チンパンジーがダーツ投げした結果で、専門家が負けることから付けられている。それほどまでに未来を予想することは難しいのだ。だから、専門家だからと無批判に信じるのではなく、そんなことを言っている人もいる、位に留めておくのが良いだろう。

 また、予測を外しにくいのは、色々な情報を組み合わせるタイプであるという。これは、我々自身も多くの分野に目配りをして知識を得ていかなければならないことを示してるのかもしれない。謙虚に、高品質の情報を、大量に得る。ううむ、ハードルはとても高そうだ。
関連記事
スポンサーサイト

その他科学 | 2014/10/27(月) 23:02 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。