カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1550冊目 偽りの名画
偽りの名画 (ハヤカワ・ミステリ文庫)偽りの名画 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2005/03/24)
アーロン・エルキンズ

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 著者のアーロン・エルキンズは、法人類学者を主人公に据えた"スケルトン探偵"シリーズで知られている(以前に読んだ『騙す骨』がそうだ)のだが、こちらの作品はまた別シリーズに当たる。

 学芸員クリス・ノーグレンは憂鬱だった。妻が行方不明となり、方々手を尽くして探し当てた先は他所の男のところだったのである。それどころか、離婚を巡って妻は過剰な要求をしてきていて、自分から出て行って不貞行為(笑)をしておきながら、いけしゃあしゃあと権利だけは主張する姿に慄く。こりゃあ、アメリカ人の女性とは結婚できんわ。って、知り合いすら居ないけど。

 中々仕事に集中できない主人公に上司が命じたのは、気分転換も兼ねたベルリンで開かれる名画展への派遣であった。

 この名画展、ある富豪から借り受けたものの他に、ナチスドイツによって奪われて以来、行方不明となっていたものも含まれる。しかも、フェルメールを始め、有名ドコロがズラリとな名前を揃える豪華なものだ。出張先に着き、現物を確かめようとした主人公だったが、いきなり絵画泥棒に遭遇する。

 『【文庫】 FBI美術捜査官 (文芸社文庫)』みたいな世界がやってきたぞと期待は否が応でも盛り上がる。しかも、主任が"この中に贋作がある、君なら見れば分かる"と言った直後に死体となって発見される。

 きな臭い動きがある中で、美術展は無事に開催できるのだろうか?そして、主任を殺したのは誰なのだろうか?

 というのがミステリ部。これだけでもディテールがしっかりしていて面白いのであるが、加えて絵に関する蘊蓄が楽しい!真作と贋作はどうやって見分けるのか?あの画家の絵にはどんな特徴があるのか?この調査そのものがミステリのようだ。しかも、その薀蓄を語る理由は、贋作は見つけるため。

 つまり、本書には"殺人犯は誰か?"という、ミステリ全般にある謎に加えて"贋作はどれか?"という謎が含まれているのだ。しかもこれらの謎が密接に絡まり合っている。おまけに、合間には強欲な元奥さん(いや、まだ離婚が成立したわけではないので現奥さんか)の話が出てくることで、ホラー、じゃなかった、喜劇要素もある。色々な楽しみ方ができる、名作。

 ミステリ好きの他に、美術展に行くのが好きな方もきっと楽しめるだろう。

関連書籍:
【文庫】 FBI美術捜査官 (文芸社文庫)【文庫】 FBI美術捜査官 (文芸社文庫)
(2014/02/04)
著者 ロバート・K・ウィットマン ジョン・シフマン 訳者 土屋 晃 匝瑳玲子

商品詳細を見る


騙す骨 (ハヤカワ・ミステリ文庫 エ 3-11)騙す骨 (ハヤカワ・ミステリ文庫 エ 3-11)
(2010/11/26)
アーロン・エルキンズ

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

推理小説 | 2014/10/13(月) 21:46 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。