カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

110冊目 「ニート」って言うな!
「ニート」って言うな!

本田 由紀著 / 内藤 朝雄著 / 後藤 和智著

光文社 (2006.1)


評価:☆☆☆☆


 ニートと聞くと、つい働く気概もなく無為に日々をすごしている若者というイメージがある。そんなニートが増えているという。日本の未来はどうなってしまうのだろう。

 そんな心配を抱いてしまうのも無理はない。

 しかし、真摯にニートの実情を眺めると、上記のイメージは完全な誤りである。本来のニートの定義である学生ではなく仕事に就いておらず就きたいとも思っていない若者は増えていない。むしろ、増えているのは失業者とフリーターである。

 そういった実情をまずは正しく理解しなければ、ニートというものを語れない。したがって、その問題も理解できないはずなのだ。

 現実に激増している失業者とフリーターの問題よりも、実際には目だった増減を示さないニートが取り上げられるのは明らかにおかしい。

 ニートに関して誤った認識が広まる中、冷静に正しいニート像を提供してくれるのが本書である。第1部ではニートの実情を数値や労使問題から読み解き、問題の根源にある社会的な側面に光を当てる。第2部はニートに限らず、自分たちとライフスタイルの異なる若者たちを紋切り型に切り捨てる言説の危険性について説き、第3部ではニートがどのように語られてきたのかを紹介している。それぞれまったく違うアプローチからニートの姿に迫っているので、広く情報を得ることができるのが嬉しい。

 メソポタミアの遺跡からも「近頃の若者はなっとらん」といった落書きが見つかったなどといった話もあるので、ニート問題というのはただ単に自分たちとはライフスタイルの異なる若者を疎ましく思う気持ちが顕わになっただけなのかもしれない。

 その結果として、誤ったイメージでさらに若者が排斥されていくのは避けなければならないだろう。そのためには本書のような冷静に事実を探る営みが必要なのだと思う。ニートについて語るのであれば必読の書と言って良いと思う。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2006/03/31(金) 16:52 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。