カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1525冊目 犬はあなたをこう見ている ---最新の動物行動学でわかる犬の心理
犬はあなたをこう見ている ---最新の動物行動学でわかる犬の心理犬はあなたをこう見ている ---最新の動物行動学でわかる犬の心理
(2012/06/19)
ジョン ブラッドショー

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 動物学者であり、多くの犬と共に暮らしてきた著者が、犬についての誤った考えが蔓延している状況を憂い、誤解を解くべく、犬についての多くのことを書いたもの。

 犬はご存知の通り、オオカミの子孫であるわけである。それが故に、オオカミの特徴を多く今に残している、とする人が多い。しかし、人間との暮らしを長年続けるうちに、オオカミとして生きるための幾つもの特質を喪ってしまった、という。おかげで、今では犬同士よりもむしろ、犬と人との間の方が関係を結びやすくなっている。

 だから、犬をオオカミと思って家族に組み入れようとするのは間違いである、と著者は指摘する。それどころか、オオカミに対する理解も間違っていると来たら、もう救いようがない。

 オオカミは常に群れのトップを狙って争ってはいない。何故か?それは、オオカミの群れは基本的に家族を核としているからだ。『狼の群れと暮らした男』の著者が外部から群れに入ることができたのを見ると、群れに外部のオオカミが加わることは珍しいことではないように思うが。それでも、『狼の群れと暮らした男』においても、群れの中の役割分担は安定していることが伺われたので、常にアルファオスの座を巡って虎視眈々と機会を伺うというのは間違いであろう。

 犬に対する誤解がまかり通っているお陰で、犬への躾はトンデモの様相を呈している。本書で批判的に引用しているのを見て驚いた。

(6)犬を抱きしめたり、やさしくなでたりしてはいけない
(7)なんらかのしつけをする以外、犬と触れ合ってはいけない
(8)仕事や買い物から帰ってきたとき、犬に「ただいま」の挨拶をしてはいけない


 そもそも、だったら何で犬なんて飼うのさ、と思わずに居られない。犬は撫で回してやるのが正しい飼い方なのだ。

 他にも、血統書付きの犬が近親交配による遺伝病に苦しんでいる現実や、飼い主と離れるのが辛くなってしまった犬への対処法、犬はどうしてこのような性格をしているか等、犬飼いとして知っておいて損はない情報が沢山載っていたのは感謝。

 一方で、文章がやたらと読みにくいのは何でだろう。訳が悪いのか、構成が悪いのか……。貴重な内容なのだから、もっと表現を上手くして欲しかった。

関連書籍:
狼の群れと暮らした男狼の群れと暮らした男
(2012/08/24)
ショーン エリス、ペニー ジューノ 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

生物・遺伝・病原体 | 2014/09/12(金) 23:58 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。