カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1524冊目 世界を救う7人の日本人 国際貢献の教科書
世界を救う7人の日本人 国際貢献の教科書世界を救う7人の日本人 国際貢献の教科書
(2010/10/14)
池上彰

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 "衣食足りて栄辱を知り、倉廩満ちて礼節を知る"、という。春秋時代、斉の桓公に仕えて彼を覇者の地位に導いた賢宰相、管仲の言葉である。説明するまでもないだろう。名誉だの礼儀や節度などというものは、最低限の生活ができるようなって初めて身につけられるものである、ということだ。

 だが、世界にはまだまだ、衣食が足りず、倉廩が空であるという地域が沢山ある。本書は、そんな地域にあって環境整備をライフワークにしている7人の日本人と、分かり易い表現に定評のある池上彰さんの対談。

 対談相手は、いずれも世界を股にかけて活躍している人々。ただし、その活動の舞台はやや偏りがある。世界で最も開発や発展の遅れた地域、つまり、アフリカを良くしようとする人が中心だ。彼らは水、紛争後の復興支援、母子保健、食料、教育、経済、そして国際協力について問題に取り組んできた。

 例えば、水。世界には、安全な飲水にアクセス出来ない人がおよそ9億人近くもいる。彼らにとって水を入手するのはそれだけで重労働だ。毎日毎日、数リットルずつ30分以上も水を運ぶ人が居る。その多くは女性や子供だ。彼らが教育を受ける余裕は、事実上存在しない。公衆衛生上の問題であるとともに、教育の問題がそこに横たわる。

 特に興味深いのは、教育について。当たり前に学校に通える地域でむしろその有り難さが自覚されていない。しかし、教育は文明社会を築く上で必須の存在である。途上国で、学校がどれほど切望されているかを目の当たりにすると、インフラの整った国に生まれたことがどれほど幸せなことなのかを感じさせるとともに、世界を救うために日々奮闘する彼らを応援したくなる。

 著者の中にどれほど深く広い知識があるかを感じさせずに、対談相手から様々な話を引き出しているところは流石の一言。しかも、読み易い。ノンフィクション好きには本当に有難い存在である。興味を持たれた方は、世界を底上げすべく奮闘する人々の姿を眺めるべく、本書を手にとって見て欲しい。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2014/09/09(火) 23:22 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。