カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1522冊目 なぜ地球だけに陸と海があるのか――地球進化の謎に迫る
なぜ地球だけに陸と海があるのか――地球進化の謎に迫る (岩波科学ライブラリー)なぜ地球だけに陸と海があるのか――地球進化の謎に迫る (岩波科学ライブラリー)
(2012/03/16)
巽 好幸

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 陸地があって、海がある。我々にとっては見慣れた景色。だが、視野をもっと広くとってみよう。太陽系規模で見ると、水星、金星、火星といった地球型惑星には海がない。火星にはかつて海があったとされるが、少なくとも今は存在しない。それより離れた木星、土星、天王星はガス惑星で、これまた海は存在しない。

 となると、疑問が浮かぶ。どうして、地球には海があるのだろうか、と。

 水が液体として存在するには、それなりの温度がなければならない。また、水を地表に繋ぎ止めておくためには、惑星にそれなりの質量が要求される。地球は、その条件にたまたま合っていた。まず惑星形成理論からこれを語り始めるところが壮大で素晴らしい。

 だが、これでは片手落ちである。なぜなら、惑星形成理論で水がどうこうという話は、地球に海がある理由は説明できるが陸地がある理由は説明できないからだ。

 なぜ陸地があるのか。本書は、その謎を最新の地球科学から説明しようとする意欲作である。

 大陸と海洋では、地殻を構成する成分が異なる。平たく言えば、陸地の地殻は軽く、海洋の地殻は重い。この違いが生じる理由を、マントルの化学進化から丁寧に追いかけている。知らない世界の話なのでじっくり読む必要があるが、論理で丁寧に追いかけているので理解は難しくない。

 また、今の姿を生み出したプレートテクトニクスのメカニズムや、大陸地殻を生み出す地球のダイナミズムを活き活きと語ってくれるので、知的な興奮も味わうことができる。ちょっとだけネタバレになってしまうが、大陸が海底で生み出されたなんて、不思議で面白くありませんか?しかも、その答えに辿り着くのに、日本が大きな貢献を果たしている(研究面は勿論、試料面でも)というのも素晴らしい。

 地球という惑星の独特さ、素晴らしさを実感できる本である。
関連記事
スポンサーサイト

その他科学 | 2014/09/06(土) 19:02 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。