カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

109冊目 教科書では読めない中国史
教科書では読めない中国史

富谷 至著

小学館 (2006.3)


評価:☆☆☆☆


 中国史にはそのごく一部の期間に熱狂的なファンが存在する。言うまでもなく三国時代である(私自身もその一人であるのだが)。その偏りのためか三国志関連の本は沢山出ているのに、それ以外の時代は途端に出版数が少なくなる。そんな残りのほとんどは、史記の時代、それも始皇帝による統一から項羽と劉邦が覇を競った時代が占めている。

 その理由の一つは三国を統一した晋がたちまちのうちに内紛によって自滅し、長い分裂時代に入ってしまうこと、その間に異民族の国も含めて多くの国が興亡を繰り返すことで流れが複雑に入り組んでいること、そこから派生する問題として特定の国や人物に愛着がわきにくいからではなかろうか。

 しかし、秦の始皇帝による中国統一からカウントしても2200年余りの歴史を持つ隣国に対して知られている歴史が1800年ほど前の三国時代まで、というのではあまりにもバランスが悪すぎる。バランスの取れていながら入門書的な本が望まれるところである。

 そんなニーズに応えてくれるのが本書。前2000年ごろの伝説的な国、夏から20世紀までの約4000年の間から、50の話題を切り取っている。話題の幅も各王朝の持った性格や制度、重大事件、法制度、思想、はては中華料理と実に広い。通り一遍の解説だけではなく、著者の意見が強く出ているのも面白い。著者の専門である、古代の木簡から読み取れる事実には驚かされる。

 中国史に興味がある方には一読をお勧めしたい。
関連記事
スポンサーサイト

中国史 | 2006/03/29(水) 16:51 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。