カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1513冊目 サヴァイヴ
サヴァイヴ (新潮文庫)サヴァイヴ (新潮文庫)
(2014/05/28)
近藤 史恵

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 『サクリファイス (新潮文庫)』が面白かったとレビューしたら、こめこめさんが貸して下さった。こちらは、上掲書と、その続編である『エデン』(未読)と同じ登場人物を用いた短篇集であるが、『エデン』は未読でも楽しめるとのことで、有り難くお借りした次第。

 さて、ロードレースは奥が深くて面白そうだと思わせてくれた『サクリファイス』であるが、それだけではなく、じっくりと練られた登場人物の織りなす世界が魅力であった。本書も同じ雰囲気を持つのだが、過去の長編で既に性格が分かっているキャラクターの概要を書く必要が無いためか、より深堀りされている気がする。

 特に、私としては石尾の活躍を描いていたのは嬉しい。

 どんなスポーツでもそうだろうが、トップアスリートの多くはアクが強い。そうした人物を主人公に据えてしまうと、他のキャラクターを活かすことは難しくなるのだろう。だから、『サクリファイス』ではレースの最後に残っていた全ての力を使ってゴールを先頭で駆け抜けるエースという存在ではなく、そのアシストである白石誓を主人公に据えたのだろうし、本書にあっては白石や、石尾のアシストだった赤城が中心となる話が多いのだろう。例外は、若くして頭角を現したエース候補伊庭。

 彼らを通して、ロードレーサーとはどのような生き方をするものなのかが活き活きと描かれる。

 勝利に、特に山道での勝利に徹底してこだわる石尾。彼がチームに加わって、他のメンバーと、特にエースと軋轢を生むのは『サクリファイス』通りのキャラで嬉しい。もっとも、彼が登場する全ての話で、石尾が自転車競技と真摯に向き合って、全てを傾けていることが分かるので、畏れられる描写はちとわからなくなるが。

 『サクリファイス』の主人公だった白石の、外国での姿を知ることができるのもまた有難い。中で、ポルトガルで闘牛を見て嫌な気分になるところは、同じくあの行為が嫌いな私には自分と共通するところを感じてしまった。他国の文化であるとはいえ、動物をなぶり殺しにするところを眺めるというのはどうにも受け入れがたい。『ドリトル先生』シリーズで闘牛を知り、そして先生によってその酷さを教えてもらって以来、もしかしたら私の精神は成長していないのかもしれない。白石がどうなったかは、是非実際に読んで確かめて欲しい。

 相変わらず面白かった。こうなったら、『エデン』も読んでみないわけにはいかないかな。

関連書籍:
サクリファイス (新潮文庫)サクリファイス (新潮文庫)
(2010/01/28)
近藤 史恵

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

その他小説 | 2014/08/22(金) 23:32 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。