カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1510冊目 殺人分子の事件簿―科学捜査が毒殺の真相に迫る
殺人分子の事件簿―科学捜査が毒殺の真相に迫る殺人分子の事件簿―科学捜査が毒殺の真相に迫る
(2010/01/25)
ジョン・エムズリー

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 反乱分子だとか不満分子的な雰囲気を醸し出しているタイトルではあるが、サブタイトルを見れば分かる通り、殺人分子は毒物を指していて、人のことではない。まあ、中には分子ではない毒物もあるのだが、そこはご愛嬌。

 本書で取り上げられているのは、第一部の天然の毒物が5つ、第二部で扱われる人工の毒物が5つ計10の毒物で、それぞれ章立てされている。扱われているのはリシン、ヒヨスチン、アトロピン、ヘロイン、アドレナリン(以上、天然の毒物)、クロロホルム、一酸化炭素、シアン化物、パラコート、ポロニウム(以上、人工の毒物)である。

 一酸化炭素もシアン化物も天然の毒物のような気がするけどなあ。そんな誰もが入れるツッコミを入れつつ読み始めると、どのような機序で人を殺すのか、解毒法があるならその方法、分析方法、実際の事件の経緯と様々な視点から書かれているので実に興味深く読むことができる。

 例えば最初のリシンを見れば、ゲオルギイ・マルコフ暗殺事件という近代史的にも興味深い話題が出てくる。彼は、傘の先に仕込まれた小さな金属製の球体に入れられたリシンによって殺害された。その暗殺方法もさることながら、東西冷戦の絡む背景からも関心を引く。特に、ロシアが今も都合の悪い人物をあらゆる手段で排斥している(『暗殺国家ロシア: 消されたジャーナリストを追う』ではジャーナリストの殺害を扱っている)のが恐ろしい。

 ロシアについては、それが過去のものではないこともまた、恐怖を呼ぶ。ソ連からの遺産であろうか。本書も最終章はリトビネンコ暗殺を扱っている。犯人がロシアであることはどのような証拠が裏付けているのかがしっかり書かれているところが面白いところ。

 他にも、エミール・ゾラの死因が、故意に塞がれた排気口のための一酸化炭素中毒であるとか、クロロホルムを麻酔に使った時代の医療事故と、これを殺人に用いた事例やシアン化物とラスプーチン暗殺等、興味深い話題が多く、楽しく読むことが出来た。惜しむらくは、文章がやや読みづらいところか。

 こういう本を読むと、本当に恐ろしいのは(ありもしない)亡霊だの妖怪だのではなく、悪意を持った人間であるとつくづく思う。


関連書籍:
暗殺国家ロシア: 消されたジャーナリストを追う (新潮文庫)暗殺国家ロシア: 消されたジャーナリストを追う (新潮文庫)
(2013/05/27)
福田 ますみ

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

推理小説 | 2014/08/16(土) 07:51 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。