カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1507冊目 なぜ疑似科学を信じるのか: 思い込みが生みだすニセの科学
なぜ疑似科学を信じるのか: 思い込みが生みだすニセの科学 (DOJIN選書)なぜ疑似科学を信じるのか: 思い込みが生みだすニセの科学 (DOJIN選書)
(2012/10/19)
菊池 聡

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 疑似科学に囚われる人は少なくない。阿呆な助産師がホメオパシーにハマって新生児にビタミンKを与えず殺害してしまう事件は極端な例かもしれぬが、情報番組を名乗る番組ではなんちゃら占いでランキングを付ける。実は同じレベルで愚かだ。民主主義社会にあっては国民のレベルに相応しい番組しか作られることはないので、それを見れば日本人がいかに愚かであるか分かろうというものだ。

 本書は、人はどうしてこうした不合理を信じてしまうのか、を説明しているものである。ホメオパシー、血液型差別(本書では血液型性格学と呼称している)、精神分析といった具体例があるので分かりやすいところが特徴。

 某メリケン国では元大統領のご婦人が占星術にハマって、おかげで政策にまでその影響があった可能性が指摘される。しかし、この占星術、科学の手法で正しさを証明しようと何度も挑戦しようとしている。一方の血液型差別は、そんなアプローチをやらない。○○氏は☓型で予想に合うとやるばかりだ。勿論、予想と合致しない△△氏は取り上げないのだから、そんなものは科学ではない。

 この手の本としては、非科学的な概念を列挙するものと、心理的なアプローチをするものがあって、後者として優れているのは『人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれるか』がとてもおもしろかった。本書はこちらの系譜に連なるもの。著者は心理学者であるため、信じてしまうメカニズムを説明するのにはうってつけの人材かもしれない。

 特に、日本で猖獗を極める血液型差別を繰り返し批判しているのは好感を持てる。どうしてこの愚かなレイシズムが蔓延っているのか、その説明がまた面白かったので引用しよう。

 先に紹介した大村政男は、このような血液型性格学が誰にでも当てはまることを「フリーサイズ」効果と呼んだ。加えて、そういわれるとそう思えるという「ラベリング効果」、いわれたとおりに思い込んでしまう「インプリンティング効果」をあわせてFBI効果と称して、血液型性格学が信頼されてしまうメカニズムを整理している
(P.148)


 わはは。こういう、冗談を交えてやってくれるのは魅力だなぁ。どうして迷信が蔓延ってしまうのかを知るのには良い一冊である。

 私は、(医療関係以外で)血液型を聞かれたら、その時点で相手の評価を下げることにしている。そもそも血液型と性格に関係がないことは多くの学術的な調査全てで確定しているのだから、それを知らぬ愚かさがある。加えて、生まれによって相手の性格を決めつける。それは差別の定義そのものである。愚かな差別主義者なんぞと、私は付き合いたいと思わない。
関連記事
スポンサーサイト

反疑似科学・反オカルト | 2014/08/11(月) 19:37 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。