カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1485冊目 身近な妖怪ハンドブック
身近な妖怪ハンドブック身近な妖怪ハンドブック
(2012/07/28)
川村 易、OSAmoon 他

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 小さい子がいる家のご多分に漏れず、我が家でも妖怪ウォッチが大人気である。日常生活に忍び寄る不可解なことは全て妖怪の仕業だったんだよ!な、なんだってーー!!な感じだが、思うに妖怪は科学的な思考が生んだ賜だと思うのです。

 昔の人々には、不思議なことがなぜ起こるのか、知るすべなど持たなかった。例えば、雷はどうして光るのだろう?あの音はなんだろう?鍛冶の神トールが振るうハンマーから出た火花が雷だ、というのは、理解できない自然現象の裏に目には見えないが単一の原因があると仮定し、その原因を探る行為である。そこから合理的な思考へはあと一歩だ。まあ、ギリシア時代には既に雷の正体が静電気であることは分かっていたんですけどね。推測だけで正解に辿り着いた賢人たちの偉大さにはただただ感心するばかり。

 閑話休題、雷を起こすものとして北欧神話ではトールが、ギリシア神話ではゼウスが、インド神話ではインドラが、ロシア神話ではイヴァン雷帝が居るならば、日本ではドリフターズがいる。高木ブーさんのコーナーだったなあ。面白くなかった。

 再び閑話休題、空を駆けるアイツ、海を守るアイツ、大地を走るアイツ、皆みんな生きているんだ妖怪なんだ。世界にあふれる妖怪を「理系の目」で分類してやろうというのが本書。その心意気たるや良し!

 斯くして、有名な妖怪たちが分類された上で記載されている。例えばこんな感じで。河童(水神河童目類人スッポン科)やらぬらりひょん(サル目入道科)一つ目小僧(小僧目メカゴサル科)やら鵺(スズメ目声ダケツグミ科)、エトセトラエトセトラ。

 何と言っても妖怪が懐かしい。親が読み聞かせてくれた昔話だったり、ゲゲゲの鬼太郎やまんが日本昔ばなしに出てきた妖かしが沢山収められている。絵もカラフルで楽しい。なので、眺めているだけでなにやら童心に帰った気がしてくる。

 一方で、分類の正確性には疑問が残る。いや、意欲作なのは分かる。でも、例えばイヌもネコもクマもタヌキもキツネも食肉目として共通の生物だ。これほど多様な進化を遂げたのであれば、妖怪も一見違うように見えながら実は共通項を持つということがあっても不思議はないと思うのです!

 やや悪乗りしている感じもして興ざめなところもあるが、試みとしては面白い。懐かしさもあって、眺めるのは楽しかった。
関連記事
スポンサーサイト

未分類 | 2014/07/12(土) 19:44 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ


「異形再生: 付『絶滅動物図録』」という本が面白いですよ。
2014/07/13 日 20:00:06 | URL | uhi #CA6ukDtU編集
> 「異形再生: 付『絶滅動物図録』」という本が面白いですよ。

いつも情報ありがとうございます!
探してみます^^
2014/07/17 木 19:32:34 | URL | Skywriter #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。