カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1467冊目 サクリファイス
サクリファイス (新潮文庫)サクリファイス (新潮文庫)
(2010/01/28)
近藤 史恵

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆☆


 sacrificeは犠牲と訳されることが多いようだが、それでは本義である"神に捧げられた生贄"のニュアンスが抜けてしまう。しかし、本書を読む分には問題ない(笑)

 自転車レースについて私が持っていた全ての知識は黒田硫黄さんの『新装版 茄子』に出てきた"アンダルシアの夏"というマンガで読んだ僅かなもの。駆け引きの妙以前の、そもそもどのような競技なのかというところからして知らなかったが、凄いなぁくらいの感じは持っていた。本書を読むとそんなレベルでは済まないことを理解した。

 主人公は若手の自転車レーサーで、アシスト役を務めている。このアシスト役というのが他の競技では見られない役割だろう。彼の仕事は、トップでゴールに飛び込むことではない。チームのエースを優勝させるため、風よけになったりライバルを牽制したり、とにかくチームが有利になるように働くこと。犠牲の名をタイトルに冠するのはそういうところかと納得。

 決してスポットライトを浴びる立場ではない。だが彼は、そんな自分の役割に満足していた。そんな彼に、思わぬチャンスが転がり込む。その世界に属するものは誰もが憧れる、ヨーロッパチームへの移籍話と、大きなレースでの優勝のチャンス。

 だが、そのチーム活動に、一つの暗い影が見え隠れする。エースでもあり先輩でもある人物が、主人公を潰そうとしているのではないかと危惧を抱くチームメイトが居たのだ。そして実際、そのエースは主人公の優勝の芽を潰すような行動にも出る。おまけに、彼にはかつて若手チームメイトを半身不随の事故に追いやった事故を起こした事実があるのだった。

 人物設定が上手いのと、背景となる自転車レースの世界を丁寧に描くので、すんなりと物語に入っていける。気がつけばレース模様に手に汗握るような思いをしている。

 そして、惨劇が起こる。その謎を解いた時、タイトルの持つ意味がひときわ大きく存在感を持ってくる。知らなかった世界を垣間見せてくれただけではなく、物語としても実に面白い。他の作品も読んでみたくなった。
関連記事
スポンサーサイト

推理小説 | 2014/06/11(水) 19:37 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。