カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1460冊目 行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
(2007/06)
石田 ゆうすけ

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 世界一周という言葉には、どこか引きつけられるところがある。それはきっと、色々なものを見たい、という欲望と深く結びついているから。自然現象であればオーロラや名だたる大瀑布を、遺跡であれば空中都市マチュピチュ、南米やエジプトのピラミッド、モアイやストーンヘンジも見てみたい。博物館も美術館も巡りたい。でも、中々そんなことはできない。先立つモノが無いし、時間も無い。だから、せめて体験記を読んで満足するわけだ。

 本書は7年半をかけて自転車で世界一周してきた体験記である。つまり、上述の欲求を持つ人にはとても向いた本である、ということだ。会社員として働き資金を貯めた著者は、アラスカに渡る。そして南北アメリカ大陸を縦断。そこからヨーロッパに渡り横断、更にはアフリカを縦断して喜望峰で祝杯を上げ、今度はアジアを横断してようやく日本に帰る。

 それだけ旅をすれば様々な物を見て、そして、色々な人に出会う。ジャングルでジャガーの鳴き声が聞こえるという噂を聞いて恐る恐る踏み込んでみれば実はサルの声だったとか、マチュピチュは小さくて拍子抜けだったとか(うぅぅ、羨ましい)、マヤ遺跡に圧倒されたとか、夜中にピラミッドの横で寝転んで月を見るのが最高だとか、カヌーで川下りをしてみたとか、羨ましい話が詰まっている。

 だが、これらの素晴らしい景色や遺跡よりも、人との出会いが胸を打つ。旅の途中で何度も出会う自転車仲間、現地で知り合った人の思いやり、そして、重い言葉の数々。12歳で骨肉腫のため片足を切断し、義足を嵌めた女性が「きれいな景色を見ながら音楽を聴いていると、涙が出るんよ。ああ生きててよかったなぁって」というのを聞くと、当たり前の幸せだと思っていることが、実は当たり前なんかではないことが分かる。そして、ペアで走る楽しさも伝わってくるのが良い。

 勿論、順風満帆に旅が進むわけもなく、南米では強盗に遭っているし、もしかしたら危ない目に遭いかけたのかということもある。しかし、さり気なく助けてくれる人が多くて、読んでいて心が温まってくる。

 この旅の模様は、この本の続編に当たる『いちばん危険なトイレといちばんの星空―世界9万5000km自転車ひとり旅〈2〉』で少しは知っていた。それでもとても楽しく読めた。やはり、7年を超える旅の話がたった1冊の本で収まるわけがない。というわけで、興味を持たれた方は併せて読まれることをお勧めします。


関連書籍:
いちばん危険なトイレといちばんの星空―世界9万5000km自転車ひとり旅〈2〉 (幻冬舎文庫)いちばん危険なトイレといちばんの星空―世界9万5000km自転車ひとり旅〈2〉 (幻冬舎文庫)
(2010/07)
石田 ゆうすけ

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

エッセイ | 2014/05/28(水) 19:15 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。