カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1452冊目 面白い本
面白い本 (岩波新書)面白い本 (岩波新書)
(2013/01/23)
成毛 眞

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 元マイクロソフト社長で、ノンフィクションを専門に紹介するHONZの代表を務める著者による、タイトルどおりの本(笑)

 類書と異なるのは、前述の背景から取り上げる本がノンフィクション中心であるというところ。しかも、科学書がかなり多い!最初に取り上げているのがスティーブン・ジェイ・グールドの『ワンダフル・ライフ』というところで豪華さを感じてください。

 で、こうした本にありがちなのが、人生の役に立つとか、人格を陶冶するとか、それってこの世で一番くだらない類の、こんなに本読んだ俺って凄いでしょ、という自慢に堕してしまうこと。だが、安心して欲しい。著者はまずこう宣言する。

 読書は道楽。そういう割り切りが大事だと私は思っている。成功するためにとか、何かの役に立つようにとか、目的を持って本を読むのはおカド違いというものだ。それではせっかくの面白い本も、面白くなくなってしまう。本を読むことに何も意味を求めない。純粋に面白ければそれでいい。それが私の読書の理想だ。
(ivページより)


 素晴らしい!

 斯くして、面白いノンフィクションの山をかき分けるようにして紹介が進んでいく。『ワンダフル・ライフ』で太古の地球に思いを馳せ、『ロゼッタストーン解読』で歴史を解読する喜びを感じ、サイモン・シンの名著『フェルマーの最終定理』や『暗号解読』で数学と歴史の見事な混淆に酔い、『ご冗談でしょう、ファインマンさん』で笑いを確保することも忘れない。

 冒険好きには『エンデュアランス号漂流』を薦めたいし、宇宙開発に興味がある方には『アポロ13号 奇跡の生還』は外せまい。今の世界がどうしてこうなったかを明快に説く『銃・病原菌・鉄』も紹介されているし、かと思えば米原万里さんの痛快エッセイ『不実な美女か貞淑な醜女<ブス>か』もあり、実に幅広い分野を読んでいると呆れるばかりだ。

 この本の難点は、読みたい本が山ほど紹介されていることだけだろう。前から目をつけていた『解剖医ジョン・ハンターの数奇な人生』や、動物の骨格写真集『BONES』、『眠れない一族』はますます読みたくなったし、存在すら知らなかった『スエズ運河を消せ』(タイトルからして魅力的でしょう?)あたりはもう必ず読もうと決めた。いつか知りたいと思いつつ、その凄惨な実像に慄き手を出せていない共産主義国家の悪夢の数々にも改めて注意を払わなければなるまい。

 私も色々とノンフィクションを読んできたのではあるけれども、まだまだ世界には面白い本が溢れている!というわけで、もっと色々な本に出会いたくなってしまった。
関連記事
スポンサーサイト

未分類 | 2014/05/19(月) 19:11 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。