カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1450冊目 マハン海軍戦略
マハン海軍戦略マハン海軍戦略
(2005/02)
アルフレッド・T. マハン

商品詳細を見る


評価:☆☆☆

 マハンは20世紀の世界の海軍戦略に多大な影響を与えた兵学者である。彼の時代に軍艦は帆船から蒸気船に変わっていった。そうした技術革新の時代にあって、徹底して過去の戦史に学ぼうとした人物である。

 本書は、海軍大学校の校長を勤めたマハンの講義録をまとめたもの。

 日本海海戦やナイルの戦いといった、海戦史上に名高いものは勿論、ナポレオン戦争のように舞台が陸上であった戦いも多く取り上げているのが特徴である。

 上記を見て分かる通り、かなり専門的で一般人が読んで役に立つものではないかも知れない。しかし、軍とはどのようなもので、どうあるべきかを考えるに当っては、その価値が減じたとは思えない。特に、四方を海に囲まれ、政治的に不安定な隣国を持つ日本にとっては。


 ナポレオンの金言、"戦は位置取りの業なり"が何度も引用されるのが記憶に残る。戦略上の要所を占めることの死活的な重要性は理解できたかな。

 ネルソンの「国家に要なるは敵の殲滅なり。そは実に兵数多きなるをもて可能なるべし」(P.244)という言葉に端的に示される兵力集中の重要さも説かれている。戦中の陸軍指導者に聞かせてやりたい。

 物凄く乱暴にまとめてしまえば、兵力の集中と目的の単一性 の重要さを、戦史にあたりながら詳述する感じがする。研究の中で、日露戦争がかなり詳しく分析されているので、興味がある方はここだけでも読む価値がありそうだ。
関連記事
スポンサーサイト

未分類 | 2014/05/17(土) 19:19 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。