カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1448冊目 図説世界史を変えた50の植物
図説世界史を変えた50の植物図説世界史を変えた50の植物
(2012/09/18)
ビル ローズ

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆

 "文明に大きな影響を与えた植物、なかでもとくによりすぐりの50種を美しい図版とともに紹介している"と謳う通りの内容である。

 植物は食料にもなれば医薬品や衣類の材料にもなるので、50種に絞るのはさぞ大変だったろう。

 50種と言うのを見て、真っ先に脳裏に浮かんだのがケシやコカイン、大麻等の薬物の原料だったのは、三国志(この時代の名医、華佗は麻酔術を使ったとされる)の影響か、はたまた麻酔への興味か。

 もちろん上記3種は紹介されている。他には麦、米、トウモロコシ、リンゴ、サトウキビ、ブドウ、ココヤシ等のアルコール飲料の原料(ビール党の皆様、ホップもきちんと載ってますよ!)、トウガラシやコショウやナツメグといった香辛料、ダイズやタマネギやパイナップルやジャガイモにカカオのような食品、茶やコーヒーといった嗜好品等々、幅広い分野から選択されている。

 それぞれが人類の歴史にどのような影響を与えたかが、簡単に紹介されている。酸素の供給や食料という役割以外でも、植物がなければ文明は発達せず、文化もさぞツマラナイものになっていただろう。

 なにせ、毛皮や化繊以外の衣料も、アルコール類も、嗜好品も、チョコレートすらない。しかも手術は麻酔無し。そんな世の中じゃなくて本当に良かった!

 図版も多いので、軽い気持ちで読める。読んで楽しい、眼も楽しい。ページを捲るのが楽しくなる、そんな本。
関連記事
スポンサーサイト

生物・遺伝・病原体 | 2014/05/16(金) 19:09 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。