FC2ブログ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
1439冊目 見る
見る―眼の誕生はわたしたちをどう変えたか見る―眼の誕生はわたしたちをどう変えたか
(2009/01/23)
サイモン・イングス

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆

 我々が世界と付き合う上で、視覚がどれほど重要か、改めて言うまでもないだろう。車のように危険な存在を避けたり、食べ物が何処にあるか確認したり、色鮮やかな世界を楽しんだり。

 それにしても、どうやって目はこんなにも精巧に働くのだろう。本書はその謎に迫る、進化や科学史を巡る探求の旅の記録だ。

 目がどのようにして生まれ、どのように働くのか。形や色をどうやって知るのか。そうした謎の数々に迫っている。

 ミツバチのような昆虫や小鳥が紫外線も見ることができるのは知っていたが、それは害が出る前に彼らの寿命が尽きるからというのは想像もしていなかった。哺乳類とは違って昼の世界で進化してきたからだと思っていたので驚きだ。

 我々の目が静止した物を見ることができないのも知らなかった。え?見えてるって?そう。静止した物も見える。いや、静止した物も見えるように、目が動いているのだ(マイクロサッカード)。この現象を確認しようとしたのがかのエルンスト・マッハというのも驚き。しかも、下瞼をパテで固めてというのには慄く。

 こんなにも素晴らしい視覚システムは、カンブリア紀に発明されたものだ。しかも、単純な光を感じる組織から完全な目ができるまで、わずか50万年で事足りる。そのためか、生物は40〜60回も独立に目を進化させてきたという。

 完全であるように思えて、実は多くの欠陥も持つ視覚。その奥深さを楽しめる一冊。
関連記事
スポンサーサイト




生物・遺伝・病原体 | 2014/05/12(月) 18:58 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する