カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1437冊目 誰かに話したくなる恐竜の話
誰かに話したくなる恐竜の話誰かに話したくなる恐竜の話
(2013/07/26)
平山 廉

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆

 中生代、およそ一億六千万年の長きにわたって地上の覇者として君臨した恐竜。今も人気のこの生物、本当はどのような生態だったのだろう?

 化石となった数少ないサンプルから、その全体像を知るのは難しい。しかし、わかったことも多いし、推測できることも多い。

 本書は、古生物学者が大胆な推測を交えながら、有名な恐竜がどのように生きていたかを語る。

 ステゴサウルスの歯は草食性にしては摩耗が少ないところから、糞食だった可能性を指摘している。

 頭蓋骨の形状が実に独特なパキケファロサウルスは、メスを奪い合うためにオス同士が頭をぶつけ合っていたとされてきたが、骨の強度から否定されるとのこと。

 竜脚類があの巨体を首から尻尾まで繋がる腱が支えていた(吊橋効果)ことを知れば、博物館で骨を見るときの注目点もわかる。また、彼らが頭を垂直方向に高く持ち上げられなかったことも理解できよう。

 他にも、恐竜やその仲間の翼竜類、海棲の首長竜や魚竜類が絶滅したのは、ユカタン半島に落下した隕石が唯一の理由ではなく、その前から衰退が見られたことから、火山噴火説や哺乳類の台頭説を組み合わせているのは面白い。

 恐竜が好きな人だから書ける、著者の興奮に満ちた本。その熱意に、こちらの関心も高められるのが魅力の一冊だ。
関連記事
スポンサーサイト

地球史・古生物・恐竜 | 2014/05/11(日) 19:24 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。