カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1426冊目 野良女
野良女 (光文社文庫)野良女 (光文社文庫)
(2012/11/13)
宮木 あや子

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 ブクレコであかつきさんを筆頭に多くのレビュアーが高く評価していたので、これは読まねばと手に取った本。自分だけで本を選んでいたら生涯決して手に取らないであろう。

 さて、2年間付き合っている男がおらず孤閨をかこつ鑓水を皮切りに、年上の男性と付き合いながら若い職人を翻弄してしまう朝日、遠距離恋愛中の彼氏にヘボいポエムを贈られて絶望の底に沈む壺井、ダメ男の暴力に苦しみながらもその後のセックスは楽しみな桶川、精神に不安定なところを見せながら不倫を続ける横山という5人が持ち回りで主人公を務める連作短編集。

 全員が鑓水と付き合いがあるというので、徐々に登場人物を増やしながら各人を取り上げるのが云々、というのがストーリーなのだけど、この本に関してはそんなものを書いても仕方がない。

 むしろ、性という男も女も莫迦になるその現実をあけすけに描いているのを楽しむ本だ。読んで気になるのは、本書に出てくる奇矯な男たちはまさか著者の実体験に基づいたものではあるまいな、ということ。こんなのに沢山巡りあうにはどれほどの苦労(?)があったものかと要らぬ心配をしてしまう(笑)

 "某<ソレガシ>の某<ナニガシ>が下克上でござる"ってどうかしている(笑)。こんなバカバカしく、かつ笑える表現は自慰行為を"下部構造の矛盾を解決"と表現した『まるくすタン―学園の階級闘争』以来かもしれない。

 取り敢えず、良い年こいて三国志好きな私ではあるが、ナニを致す時に「孔明の罠か!」だとか「なにがムムムだ」だとか「君と予だ!」とか「酒が冷める前に出してみせます(むしろ駄目じゃん)」とか「出師の表じゃ」とか、そんな類のことを口走ったことはないのにちょっと安心。

 まあ、女性に幻想を持っていたい人は読まないのが吉かと思います、はい。
関連記事
スポンサーサイト

その他小説 | 2014/04/23(水) 20:27 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。