カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1425冊目 永訣の朝
永訣の朝 (河出文庫)永訣の朝 (河出文庫)
(2008/08/31)
川嶋 康男

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 終戦の詔が発表された直後の1945年8月20、南樺太の真岡へソ連軍が侵攻する。ソ連が南樺太を回復しようという動きは分からないでもない。実際、終戦の交渉がどのように進もうとも、彼の地はソ連のものになっていただろう。だから、ソ連の狙いはそれ以上にあった。最終的には北海道までをもその版図に組み入れようとしていたのである。

 が、それはここでは置こう。取り上げるのは、この真岡侵攻の時に起こった一つの悲劇。真岡郵便局で逓信に従事する女性たちが服毒自殺を遂げた事実である。

 近代戦争において、戦況をリアルタイムに知ることは死活的に重要なことだ。そのため、通信に従事する彼女たちには決死の覚悟が求められた。そう。彼女らは、決死隊として残ったのだ。そしてソ連が攻めてくる。覚悟があったからだろうか、12名の逓信係のうち、9名が自殺する。

 どうして彼女たちが自殺することになったのか、そこに焦点を当てたノンフィクション。

 彼女たちの顔写真の下に名前と、そして享年が記されるのだが、享年◯とある年齢の余りの若さに慄然とする。最年長の高石ミキが24歳だったと言えば、その雰囲気が分かって貰えるだろう。彼女たちは、最後まで残るメンバーを決めるときに、むしろ志願したという。惜しむらくは、彼女たちの若さ故の思い込みの激しさと、彼女たちを制止するべき年長者の不在であろう。

 その後の状況を見ると、どうしても自殺するほどのことには思えないのである。実際、自殺した9名と共に居た3名の女性は助かっているし、別の係の男女は自殺者を出すこと無く生還している(但し、殉職者は出ているが)。では、年長者はなにをしていたのか?そのうち一部は、どうやら現場を放棄していたらしい。

 だからこそ、必死に任務を遂行しようとして絶望しながら死んでいった女性たちの凄烈さが際立つ。そして、戦争はやはり弱者にこそ最も強烈な形で襲いかかるとの思いを新たにする。今の社会の趨勢は、むき出しの力を行使することは悪ということになっている。そのことに感謝するとともに、次世代にもその価値観をきちんと伝えていこうと思える一冊。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2014/04/19(土) 19:39 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。