カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1412冊目 地球は売り物じゃない!―ジャンクフードと闘う農民たち
地球は売り物じゃない!―ジャンクフードと闘う農民たち地球は売り物じゃない!―ジャンクフードと闘う農民たち
(2001/04)
ジョゼ ボヴェ、フランソワ デュフール 他

商品詳細を見る


評価:☆☆



 "1999年8月12日、農民同盟と市民のデモが「欧州が米国のホルモン肥育牛肉の輸入を禁止したことへの報復として、米国がフランス産のロックフォールチーズに対する制裁関税を課したことへの抗議」として、マクドナルドを「多国籍企業による文化破壊の象徴」に見立てて、ミヨーに建設中だった店舗を破壊"(Wikipediaのジョゼ・ボヴェの項より引用)して逮捕されたことで一躍名を馳せた、ジョゼ・ボヴェとその盟友フランソワ・デュフールへのインタビューをまとめたもの。

 なぜ彼らはマクドナルドの店舗破壊という違法行為に踏み切ったのか?その問いに答えるには、フランスの農業政策やその限界を知らなければならないだろう。

 問題は、本書がインタビュー形式を取っているため、ジョゼらの動機については書かれているとしても、その背景が読者に分かりやすく提示されているわけではないところ。実際、読み始めて暫くしても本書が書かれた背景について理解できなかった。フランス農業を知悉した人なら良いかもしれないが、多分日本の人口の99%位はそんなこと知らないだろうから、そこは翻訳するときに考えて欲しかった。

 また、話題が色々な方向に飛ぶのは、きちんと構成が考えられていたら広い視点を云々と褒められるのだけど、インタビューだととにかくしゃべりまくってやがるなぁと思ってしまうところもやや残念。

 私も、ジャンクフードのあの画一的で何の驚きも感動も無い味には批判的だ。しかし、例えばジャンクフードが地球を破壊する!というような主張を見ると鼻白む。

 遺伝子組み換え作物についても同じで、技術に対して価値中立的な私にすれば、純粋に収量や環境負荷という点でトータル的にメリットが有るなら使えば良いし、無いなら使わなければ良いという私からすれば、なんとしてもダメと言いたげな反対姿勢には共感できない。

 と、色々腐してしまったが、少数の多国籍企業が力を握りすぎることで多くの問題が発生しているという指摘には頷かざるをえない。日本だけではなくフランスでも同じということは、もっと貧しい国でははるかに締め付けが厳しいだろう。

 フランスはヨーロッパを代表する農業国家なので、さぞ農業が強いのだろうと思っていたのだが、補助金じゃぶじゃぶで真の競争力は高くないというのには驚いた。地形的に集約農業ができるだろうから、リソースがきちんと分配されればできるものかと思っていたがそうでもないのか。農業については全くわからないので新たに知識が広がったのは良かった。

 食は文化とも密接な関係がある。集約化だけが優れたあり方ではないし、多様性を失わせるのは問題だ。ただ、多様性をもたせると労働力あたりの収量は下がる。そこをどう折り合いをつけていくかが今後の課題なのであろう。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2014/04/03(木) 19:41 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。