カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1411冊目 盲導犬クイールの一生
盲導犬クイールの一生盲導犬クイールの一生
(2001/04)
石黒 謙吾、秋元 良平 他

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 いやぁ、やっぱり犬は素晴らしい!!

 ゴールデンレトリバーのクイールは、盲導犬となってパートナーが病に倒れるまで2年間働き、その後は盲導犬普及のためのデモンストレーターとして活躍し、12歳で亡くなった犬である。

 本書はそのクイールの一生がどのようなものだったのかを通して、盲導犬とはどのようなものかを伝えてくれる本。

 そうなのではあるが、子犬の頃から晩年まで、多くの写真が載っているため、イヌ好きはその写真にまず目を奪われるだろう。ラブの子犬の表現しようもないほどの可愛さ。特に、まだパピーウォーカーに預けられる前、他の兄弟たちと並んで飼い主を見上げる写真は悶たくなるレベル。危険な本だ。

 トレーニングを積み、パートナーと巡りあうのだが、この人物は元々犬嫌いで、「犬に牽かれるくらいなら死んだほうがましだ」と言い張っていたそうだ。ところが、クイールと共に歩くうちに、「盲導犬はただ道を教えてくれるだけだと思っていましたが、でも違いました。いっしょにいるだけで気持ちを明るくしてれる。友だちなんですね」と意見を180度変えるようになる。

 これが、介助犬の素晴らしいところだろう。群れを守るためには自分のことは犠牲にできるという狼以来引き継いた性格が、人と犬を最高のパートナーにしてくれている。盲導犬は働かされて可哀想という意見もあるが、実際には働くことは好きなようだ。

 働き盛りでパートナーを病で失い、普及協会で働いたあとのクイールを待っていたのは、パピーウォーカーだった。彼らは再びクイールを過ごす道を選んだ。もう老いた犬だ。別れは辛いばかりだろうに、その覚悟には頭がさがる。

 盲導犬の一生と同時に、彼らを育て、支える人々のこともよく伝わってくる本。盲導犬は、日本にはたった850頭しかおらず、希望者に対して全然足りていない。一頭あたり300万ほどかかるという費用も、そもそも教育係の数も全然足りない。国からの助成と募金から資金が出ているということだ。盲導犬の募金がやっていたら積極的に参加することにしよう。

 クイールは、前述のとおり、12歳でその生涯を終えた。盲導犬なので多くの別れを経験しなければならない、人間の都合で色々なことを変えさせられたのは事実だ。しかし、愛情に満ちた生涯だったことは間違いないと写真が語っている。彼らの献身に、人間の側がきちんと報いていくためには、まずは正しい知識を得ることが大切だろう。その点、盲導犬がどのような存在なのかを簡潔に教えてくれる本書は盲導犬理解のための入り口として格好の一冊だ。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2014/04/02(水) 19:18 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。