カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1410冊目 脳に刻まれたモラルの起源――人はなぜ善を求めるのか
脳に刻まれたモラルの起源――人はなぜ善を求めるのか (岩波科学ライブラリー)脳に刻まれたモラルの起源――人はなぜ善を求めるのか (岩波科学ライブラリー)
(2013/06/06)
金井 良太

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 主な研究テーマは"認知神経科学からのアプローチによる意識研究と、脳科学の現実世界への応用技術"という何やら難しげなことをやっている著者による、より過ごしやすい社会を作るために脳科学が何をできるかというアプローチ。

 性格や能力は、かなり遺伝の影響を受ける。養子に出された双子の研究から、もう明らかにされたことだ。

 であるからには、保守やリベラルといった政治的な好みや、友人との付き合い方、宗教心といったようなことが遺伝で強く規定されているとしても不思議はない。

 本書は、善だとか幸せといった抽象的な概念でありながら重要なことが、脳にしっかり組み込まれているということをMRIを使って示そうとしている意欲的な試みである。

 リベラルと保守とでは、幾つかの質問に関して脳の働く部位のサイズに有為な差があるらしい。脳がモジュール化されている器官であることを考えればそう不思議な話ではないだろう。それが違いを生む原因なのか、違いがあることの結果なのか、そもそも因果関係が存在するのかといった様々な疑問が浮かびはするが、まず入り口としての問題提起であると思えば、興味も湧いてくる。

 "フェイスブックの友人の数と脳の構造との関係を調べたところ、社会的な信号の知覚に関与すると思われる中側頭回と上側頭溝の大きさが、フェイスブック上での友だちが多い人ほど、大きいということがわかった。他にも、扁桃体と嗅内皮質の大小もフェイスブックの友だちの数と相関していた"とあるが、そもそも社交性は遺伝の影響が強いと指摘されていて、であるからにはそれが脳の構造に反映されていてもおかしくない。友人の多さが遺伝であるとしても不思議はないだろう。

 それが脳の機能的な問題であり、働き方が規定されているというのなら、脳科学的に対応することもできるかもしれない。仮にこれが正しいなら、人間関係が上手く行かない人に特定のトレーニングをして脳の特定の機能を強化することで、人が豊かな生活を送る手助けができるようになるかもしれないと思うと面白い。タクシー運転手は空間認知に関する部位が他人より優位に大きいことを考えれば、そうしたトレーニングは必ずしも無駄ではないと思われる。

 脳科学が、より豊かな人生を送るためにどう役に立つか。それを教えてくれるところは面白い。
関連記事
スポンサーサイト

医学・脳・精神・心理 | 2014/04/01(火) 19:38 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。