カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1392冊目 カメのきた道―甲羅に秘められた2億年の生命進化
カメのきた道―甲羅に秘められた2億年の生命進化 (NHKブックス)カメのきた道―甲羅に秘められた2億年の生命進化 (NHKブックス)
(2007/10)
平山 廉

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 鈍重で、ちょっと突くと首と四肢を甲羅に仕舞いこんでしまうカメと戯れたことのある人は多いだろう。斯く言う私もその1人である。カメにとっては遊びになってないどころか、単なる恐怖体験だっただろうが。

 甲羅が捕食者に対する防御であることは見るからに明らかだ。では、カメはどうやってこの戦略を進化させてきたのだろう?鎧竜(正式には曲竜類という)のアンキロサウルスを彷彿とさせる姿からは、遥か過去からカメは甲羅を背負ってきたように見える。

 実際のところ、2億年ほど前のカメの先祖だとハッキリしている爬虫類の化石には、既にほぼ完成された甲羅があったことが分かっているらしい。ということは、どうやってあの甲羅が進化してきたのかは全く分かっていないということだ。今後の発展が楽しみになるではないか。

 スタートは分かっていなくとも、途中はかなり分かる。本書は、カメが甲羅を背負うようになってからの2億年の進化を見るのと同時に、その進化の結果として、カメがどのように生きているかを記した、カメまみれの一冊となっている。

 一ヶ月もの断食に耐えうるエネルギー効率の高さ、乾燥地帯から海にまで至る生息域の広さにまず驚くべきであろう。硬い卵という、乾燥に強い形で産卵することは、彼らの先祖が進化した場所は乾燥していたことが分かる。それが海に棲むようになっている。まるで海竜や首長竜みたいだ。

 しかも、ウミガメは深海に潜ることもできる。それを当たり前のように思ってきたものだが、深海の低温に爬虫類が適応するのは並大抵のことではない。防御なしに深海に潜ったら、体温が下がって動けなくなってしまうではないか。そうした不具合を避けるため、カメは運動し続けることで体内に熱を蓄えている、という。面白い!

 卵の硬さはまた主竜類とのつながりを思わせるとか、白亜紀末の大絶滅でもカメ類はほとんど影響を受けていないとか、オサガメはクラゲばかりを食べているが食性に合わせた進化を遂げているとか、興味深い話題が多く、楽しかった。ただ、寿命が人間に匹敵する(大型のカメでは人間を遥かに凌駕する)カメは、どうやらペットには出来そうも無さそうだ。
関連記事
スポンサーサイト

地球史・古生物・恐竜 | 2014/03/11(火) 19:56 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。