FC2ブログ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
98冊目 指揮官の決断
指揮官の決断

三野 正洋著

新潮社 (2001.9)


評価:☆☆☆☆


 戦場の状況は刻一刻と変化する。当然、完璧な計画に則った整然とした戦闘が繰り広げられるわけではなく、互いに計算どおりに行かなかったり判断ミスを犯したり、あるいは味方の英雄的な行為に救われたりする。そんななかでも指揮官が危機あるいは機会にあってどのような決断を行ったのかが勝負を分ける大きな要因になることがしばしばある。

 第二次世界大戦を含む戦場において枢軸側あるいは連合側の指揮官がどのような決断を下し、どのような結果がもたらされたのか。太平洋の島嶼からヨーロッパ西部戦線まで空間的にも時間的にも広いなかから34の事例を集めている。

 日本を降伏させるためには民衆の厭戦気分を醸成させるのが最も有効と無差別爆撃を選択したカーティス・ルメイや戦況にまったく影響を与えられないことを知りつつ大和を特攻させる、あるいは戦略的に無価値なところへ補給なしで大部隊を派遣して多くの屍をさらしたインパール作戦のような不条理なものも取り上げることで多くの面を知ることができるのが良い。もちろん、戦争のおおまかな流れをたどっているわけではないので、そういうことに興味がある方は通史的な本と一緒に読み合わせると面白いのではなかろうか。
関連記事
スポンサーサイト




太平洋戦争・二次大戦・現代史 | 2006/03/12(日) 23:51 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する