カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1346冊目 半分の月がのぼる空〈5〉 long long walking under the half-moon
半分の月がのぼる空〈5〉 long long walking under the half-moon (電撃文庫)半分の月がのぼる空〈5〉 long long walking under the half-moon (電撃文庫)
(2005/09)
橋本 紡

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 里香の手術は終わったが、それでも主人公は彼女とそうそう逢うことはできなかった。里香の執刀医、夏目が妨害してくるのだ。愛されてるね、主人公。で、ついでに里香のお母さんも主人公を警戒している。入院中に医者と保護者から目をつけられたら、自由に想い人を訪ねることすらできないではないか。

 それでも幾多の艱難辛苦を乗り越えて、二人は逢瀬を重ねる。すっかりデレていた秋庭里香は、手術が終わったらやっぱり性格の悪い女の子に戻っていた。で、時にデレる。このバランスが絶妙だ。

 そして、他の人にははっきり里香を想う気持ちを言える主人公は、秋庭里香本人にはそれを言えない。うん、そうだよね。言えないよね。と言いたいところだが、男子高に通っていて女子には友達すら居なかった私には想像の世界だが(笑)

 だが、時の流れは残酷だった。何がって?A型肝炎で4ヶ月も入院している主人公に、来るべきものが来てしまう。レポートをやらなきゃ、落第。なんと過酷な運命。幼馴染の水谷みゆきがお目付け役として派遣されてくるので、さしもの主人公もレポート漬けの毎日だ。可哀想に。大学に入ったら自動的にそんな運命に遭うのにさ(笑)

 一方、阿呆な友人山西が仕掛けた軽い気持ちの悪戯(行為?)は、思わぬ副作用を生む。世古口司と、水谷みゆきの急接近だ。と言っても世古口司の不器用さは人類を超越しているレベルなので、どうしても笑いに繋がってしまう。ソルデ・レイ・ケブラーダと言い、この登場人物はシリアスな雰囲気を全てぶち壊してくれるところが良い、

 と言う感じで、じれったい、一進一退というか一歩進んで三歩下がる的な雰囲気なのに、何故か物語は進んでいく。ラブコメの王道と言うべきか。主人公はきちんと里香に気持ちを伝えられるのか?

 今作でも、小道具として使われる本は『チボー家の人々』。読んだことは無いし、今後も読むことはないのだろうけど、こうやって本が使われるのは良いな。なかなかオシャレだ。自分もできるだろうかと本棚を見渡してみた。うん、ムリ。というわけで、本を小道具に使うときには殺人の道具(本棚が倒壊したことにすれば完全犯罪だ)にするくらいしかなさそうだった。

 自分のことは良いとして、著者がもともとは5巻で終わりにするつもりだったということが素直に納得できる。里香は、いつ死ぬか分からない。そういう相手と連れ添うのは、きっと覚悟が必要だろう。しかし、それは不幸なだけの話では無いはずだ。というわけで、主人公よ、がんがれよ。
関連記事
スポンサーサイト

その他小説 | 2014/01/09(木) 19:46 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。