カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1340冊目 ミミズの話
ミミズの話ミミズの話
(2010/08/04)
エイミィ・ステュワート

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 先日読んだ『土の文明史』で、すっかりこの地中の生物に興味が湧いてしまった。妻はこの表紙を見ただけでウンザリという顔をしていたが(笑)

 豊かな実りを得るためには、土壌が保持されていなければならない。そこには十分な栄養とミネラルが必要だ。それらを確保するのに、ミミズは実に大きな力を果たしている。彼らの貪欲な胃袋は倦むこと無く腐った葉っぱやらなにやらを土と一緒に飲み込んでは、分解して植物が利用しやすい形で排泄する。

 だから、ミミズが大量にいる農園と、殺虫剤でミミズを排除してしまった農園とでは、土壌に含まれる栄養素の量が異なる。化学肥料を与えれば良いではないかと思うかもしれないが、それは解決策にはならない。なんとなれば、化学肥料は植物が利用しにくい形なため過剰に与えなければならないし、雨が降ったらすぐに水と共に流れていってしまうからだ。

 このミミズの力を最初に認識した人物は、かのダーウィンである。ダーウィンがその晩年にミミズの力を認めてから、多くの研究がされてきた。しかし、その重要さは化学肥料の誕生とグリーン革命の前にすっかり霞んでしまった観がある。しかし、土壌の枯渇とともに、ミミズの力は再評価されつつあるようだ。

 本書ではこのミミズの力があますところなく描かれている。豊かな実りを得るために必要なパートナーとして、そしてまたある時は、自然環境を破壊する脅威として。

 ちっぽけな、のたうち回らるくらいしか出来そうにないミミズがもつ力の大きさには本当に驚かされる。そして、ちっぽけなんかではない、巨大ミミズの存在にもまた。彼らの力が凄いのは認識したが、心構えのないタイミングで巨大ミミズに遭遇するのは避けたいものだ(笑)

 ともあれ、ミミズの大切さはこれからの社会にとってどれほど強調されてもされすぎなことはあるまい。土壌の保存だけではなく、廃棄遺物の処分についても彼らの力を借りることができそうで面白い。今後、更にミミズ研究の重要さが増すことを確信する。一般向けの解説書として、実に優れたものだと思う1冊。




関連書籍:
ミミズのいる地球―大陸移動の生き証人 (中公新書)ミミズのいる地球―大陸移動の生き証人 (中公新書)
(1996/04)
中村 方子

商品詳細を見る


土の文明史土の文明史
(2010/04/07)
デイビッド・モントゴメリー

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

生物・遺伝・病原体 | 2014/01/02(木) 21:10 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。