カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1337冊目 恐竜を掘りにいく―謎だらけの生態を解き明かす最新恐竜学
恐竜を掘りにいく―謎だらけの生態を解き明かす最新恐竜学 (プレイブックス・インテリジェンス)恐竜を掘りにいく―謎だらけの生態を解き明かす最新恐竜学 (プレイブックス・インテリジェンス)
(2002/06)
浜田 隆士

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 いい歳こいて、恐竜が好きだ。もう地上に居ないからというだけではない。想像を絶するあの巨体が、生きて動いていたなんてそれだけで浪漫だ。代謝系とか生活環とか、気になるではないですか。

 さて、恐竜の生態は、今でも謎だらけだ。なにせ、彼らの姿を知るための証拠は限られたものしか無い。だからこそ、知る面白さがあるのだが、どんなに知見を積み重ねても、新しい証拠が出ればそれまでの理論が全て覆されるかもしれないところがある。それ故、最新と名乗る本は読む価値がある。

 福井県立恐竜博物館館長である著者が、最新の恐竜学を語る本書は、そうした点で実に期待を持たせてくれる。なにせ、福井とも言えば恐竜出土で有名な土地だ。フクイリュウとかフクイラプトルと、彼の地に由来する学名を持つ恐竜だっている。

 恐竜はどんな生き物だったのか?代謝はどのようなものだったか?どのように進化して何故滅んだのか?歩き方は?繁殖相手の見つけ方は?餌のとり方は?こうした問いに答えるのに、絶好の人物と言えよう。

 だからこそ、期待通りに面白い事実が色々と明かされている。交尾の際についたと見られる尾椎の棘突起の骨折があるとか、大型の竜脚類と共に歩くかのように肉食恐竜の足あとが並んでいる(何らかの要因で竜脚類が死ぬのを待っていたのかもしれない)とか、恐竜絶滅の隕石衝突説はそれが唯一絶対の説とまではなっていないこととか。

 子供の理解レベルでも楽しめる本を目指したというだけのことはあり、平易な言葉で説明されているので実に分かり易い。小学校高学年以上で恐竜に興味があるすべての人が楽しむことができるだろう。新書に期待される役割を見事に果たしたものと思う。こうした本が定期的に現れて欲しいなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

地球史・古生物・恐竜 | 2013/12/28(土) 19:42 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。