カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1334冊目 世界の博物館
世界の博物館―知と技の宝庫を訪ねて (丸善ライブラリー)世界の博物館―知と技の宝庫を訪ねて (丸善ライブラリー)
(1999/02)
川成 洋

商品詳細を見る



評価:☆☆☆


 博物館は、楽しい。テーマが決まったものでも、何でもかんでも集めてやろうというものでも、それぞれに見どころがある。本書はそんな博物館の魅力を伝えるべく編まれたもので、世界各地の28の博物館探訪記である。

 大英博物館に始まり、ビクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム、スミソニアンと有名ドコロもあれば、スウェーデン空軍博物館やドイツの光学博物館、メキシコのドン・キホーテ博物館(なんでメキシコ??)といったマイナーなものもある。

 28もの博物館を集めているので、1つの博物館の紹介に割かれるページ数は僅かなものであるが、少なくともその成立を知るのには向いている。そして、そこの博物館での目玉が何なのかも。残りの部分に関しては、博物館に辿り着くまでの苦労を述べるものがあったり、博物館ができるまでの歴史を描くものがあったりと、多彩な文章を楽しめる。

 博物館は国民性を表すものだし、歴史を示すものでもあるし、そして歴史館を感じられるものでもある。そしてなにより、本物の持つ力に打たれる場でもある。

 悠久の歴史を持つ遺物を見られるものもあれば、精巧な技術に眼を見張るものもある。暗い歴史に直面することもあれば、精神の気高さに触れることもある。

 やっぱり博物館は楽しい。また行ってみようと思わされた。そして、もし外国を訪れることがあれば、そこの博物館には必ず足を運ぼう。

 尚、興味をもった方がたどり着きやすいようにと、ご丁寧にマップまで付いているので、外国へ出かける前に読むのが良いかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2013/12/24(火) 19:25 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。