FC2ブログ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
91冊目 円の歴史
円の歴史
円の歴史
posted with 簡単リンクくん at 2006. 2. 8
アーネスト・ゼブロウスキー著 / 松浦 俊輔訳
河出書房新社 (2000.6)
通常2-3日以内に発送します。

評価:☆☆☆☆


 真の円というものは存在しない。では円について学ぶのは意味がないのかというと、そういうわけではない。円に近い形のものに純粋な円の概念を当てはめると、これが驚くほどうまくいくのである。

 その例の一つが古代のエジプトでピラミッドを築く際に用いられたコロであり、滑車である。円とよく似た楕円を用いれば太陽の周りをまわる惑星の動きを記述できる。それどころか、ぱっとみたところは円に見えない波の動きまで、円に関連付けることが可能である。そして、それらは円ではないにもかかわらず円の法則を用いると扱うことが可能なのだ。

 なんていうと難しそうな印象を与えてしまうかもしれないが、円というものが意外なところに顔を出していること、そこから導き出される不思議な現象を追いかけるだけで十分面白い。身近に潜む円に親しみをもてるようになりそうな一冊。
関連記事
スポンサーサイト




数学 | 2006/02/07(火) 23:21 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する