カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1305冊目 やし酒飲み
やし酒飲み (岩波文庫)やし酒飲み (岩波文庫)
(2012/10/17)
エイモス・チュツオーラ

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 ブクレコで仲良くさせて頂いているefさんのレビューを拝見して存在を知った本。

 "わたしは、十になった子供の頃から、やし酒飲みだった。わたしの生活は、やし酒を飲むこと以外には何もすることのない毎日でした。"という書き出しで始まるぶっ飛んだ設定。だが、この"わたし"の生活は暗転する。街一番の金持ちだった父が死んでしまい、その後を追うかのように父が雇ってくれた専属のやし酒造りの名人も死んでしまう。やし酒を失った"わたし"からは友だちまで居なくなってしまい、彼は孤独をかこつことになる。

 やし酒を飲むしか能のない男がやし酒を失ったら大変だ。斯くして、彼は親友エンキドゥの魂を追い求めたギルガメッシュよろしく、やし酒造りの名人の魂を求めて旅に出るのである。

 そこで明かされる意外な設定は、なんと彼は"この世のことならなんでもできる、やおよろずの神の<父>"であるということ。おいおい、だったらやし酒くらい自分で作れよ(笑)

 ともあれ、彼は竹取物語でかぐや姫が出すような難題をふっかけられてはジュジュという、一種の呪術を用いたり機転で切り抜けたりしながら冒険を続ける。途中、妻を娶ったり子供に恵まれたり(ところがこの子供がまた変な子で、両親は体よく厄介払いしてしまう^^;)しながら死者の国へ旅を続ける。果たして、彼はやし酒造りの名人に再会することができるか?

 面白いのは、死後の世界に向かうのに、彼が通って行くのは森林であること。日本神話にある黄泉の国のような、地下ではない。天の上でもない。ジャングルだ。そこにアフリカで生まれた物語であることを強く感じさせる。

 そして、森のなかには不思議な生物が大量にいるのだ。住人に生け贄を要求する赤い魚と赤い鳥やら、「腹ぺこだ!腹ぺこだ」と言い続け、なんでも平らげてしまう飢えた生物やら、いつまでも一緒に踊り続けるのを要求する「山の生物」やら。

 幾度か主人公たちは死ぬような目に遭わされるのだが、どことなくユーモラスな怪物の姿に、恐怖感は感じない。解決策だって、唐突に何かを思い出してみたり、偶然のお陰だったりと、全然英雄的ではない。なので、著者の想像力の豊かさを楽しんでいるうちに物語が進んでいくという不思議な感覚があった。文化が違う故か、おいおい、そんなのありかよと思わされる展開があるのもまた面白い。一風変わった小説。
関連記事
スポンサーサイト

その他小説 | 2013/11/11(月) 19:06 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。