カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1301冊目 「想定外」の罠―大震災と原発
「想定外」の罠―大震災と原発「想定外」の罠―大震災と原発
(2011/09)
柳田 邦男

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆☆


 著者の柳田邦夫さんといえば、航空機事故を扱った『マッハの恐怖 (新潮文庫)』や、スリーマイル島事故の経過を克明に追った『恐怖の2時間18分 (文春文庫)』等、災害や事故を多く取り上げてきたことで知られるジャーナリストだ。言わば、事故や災害を熟知した、この分野のプロと言える。そうした立場の方が、311をどう受け止めたのかに興味があって読んだ。

 相変わらず、驚くほど深く調査をされているし、その成果をとても分かりやすく文章に纏められている。本当に頭が良い人だとつくづく思う。そしてもう一つ著者を特徴付けているのは、弱者に寄り添おうとする姿勢であろう。それ故に、どれほど複雑な問題を論じていてもそれを感じさせないのが本当に凄い。

 東日本大震災後の福島第一原発の事故で散々語られた「想定外」。それを、著者は本当に想定できなかったことではないと指摘する。多くは、実際には想定されていたものの、確率が低いからあるいは経済的に割が合わなくなるからという理由で対策をしなかったことに過ぎないと手厳しく批判する。

 そして実際、専門家は警鐘を鳴らしていた。これもまた、本当の意味で「想定外」だったわけでは無かったのだ。

 想定されていたにも関わらず対策が為されなかったが故に発生する問題を、どうやったら防ぐことができるか?本書にはそのために必要となる考えが幾つも提示されている。読めば読むほど、事故につながりかねない構造的な欠陥を放置し続けた東電の責任は重いと感じる。そうして批判しつつも「だから全ての原発をすぐに停止せよ」という結論になっていないところも凄い。著者の思考の深さを感じさせる。

 続いて、広島・スリーマイル・チェルノブイリ・東海村と、幅広く核の絡む問題を取り上げる。そのため、核をエネルギーとして用いることにはどのような危険性が潜んでいるのか、その問題へはどうやって対処していくべきなのか、考えさせられる。

 更には、事故の原因となった地震にどう備えるかにも触れている。特に、阪神大震災についての話には学ぶところも多かった。中でもアメリカのFEMAの紹介は貴重。災害対策のプロを、きちんと政府が持っておくことの重要性は、災害の多い日本にあって幾ら主張してもし足りないくらいだろう。

 「想定外」の事故を無くすためにできることはなにか?これは行政に限らず、我々にも必要とされる考えだろう。本書はそのための絶好のツールとなると思う。


関連書籍:
マッハの恐怖 (新潮文庫)マッハの恐怖 (新潮文庫)
(1986/05)
柳田 邦男

商品詳細を見る


恐怖の2時間18分 (文春文庫)恐怖の2時間18分 (文春文庫)
(1986/05/11)
柳田 邦男

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2013/11/04(月) 19:22 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。