カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1275冊目 ”文学少女”と飢え渇く幽霊
”文学少女”と飢え渇く幽霊 (ファミ通文庫)”文学少女”と飢え渇く幽霊 (ファミ通文庫)
(2006/08/30)
野村 美月

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 文学作品を文字通り食べて味わう天野遠子さんを探偵、ではなくてその引き立て役に据えた"文学少女"シリーズの2作め。遠子さんは事件に首をつっこみたがるけれど、洞察力は余りないのだ。それなのに行動力はあるから困ってしまう(笑)

 そんなわけで、遠子さんによって無理やり文学部に引きずり込まれた井上心葉が事件解決に巻き込まれ、探偵役として活躍する。

 このシリーズの特色は、事件のモチーフとなる文学作品があること。それなら安心して読める。なにせ、文学がベースなら私にとってネタバレは無い。

 本作では、学校で怪談話が持ち上がる。文学少女の遠子さんはお化けが苦手なのに首を突っ込み、1人では怖いからと当然心葉を巻き込む。お化けの正体は何なのか?

 遠子の弟が出てきたり、心葉に心を寄せるっぽい同級生が出てきたりと、新キャラが登場するので物語に幅が出てきているかな。

 途中まで全く役に立たない遠子が、最後の最後で持てる文学知識を駆使して事件のあらましを語るシーンはなかなかの迫力。ウンチクが好きな方にもたまらないかも。本作では世界的な名作がモチーフになっているので、それが何なのかを想像しながら楽しむのが良いと思います。
関連記事
スポンサーサイト

推理小説 | 2013/09/16(月) 19:12 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。