カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1249冊目 神国日本のトンデモ決戦生活―広告チラシや雑誌は戦争にどれだけ奉仕したか
神国日本のトンデモ決戦生活―広告チラシや雑誌は戦争にどれだけ奉仕したか神国日本のトンデモ決戦生活―広告チラシや雑誌は戦争にどれだけ奉仕したか
(2010/08)
早川 タダノリ

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 ブクレコであかつきさんが紹介されていたので存在を知った。

 本書は当時の広告や雑誌をただ収集したものでは無い。"「大東亜戦争」下の総動員体制がひきおこした、クダラナイこと・知っていても役に立たないこと・人類の運命にとってはどうでもいいことを厳選して収集しました"と誇るだけのことは有り、現代史を取り扱うノンフィクションでもまず出てこないであろう話題が中心だ。

 戦果が上がっているうちには武勲を誇るものが、敗戦色が濃厚になってきたら士気を鼓舞しようとする広告が増えるのであるが、この後者が面白い。「決戦型ブラウス」やら「必勝防空寝巻」って、おいおいどんなんだよと思わされてしまう。どう見ても負け戦じゃないか。それなのに、文章だけは勇ましくて苦笑を禁じ得ない。

 空襲に負けずに出勤しろだとか、戦争にはカネが必要だから増税するぞと国民に我慢を強いてみたり、工場の労働者を"生産兵"と呼んで労災を防がんとして「生産兵の同志打ちはよせ」と書いてみたり、旅行ですら「決戦旅行体制」なんて描かれてしまう。お菓子ですら「愛国心を打込んで勇士のよろこぶ菓子を作りませう」とか書いてあるんですよ、ホントに。

 これだけ熱心にプロパガンダをしなければ行けなかったということは、国家の指導者層は国民全員がもっと熱心に戦争遂行に腐心すべきだと思っていたのであろうなあ。

 宣言通り、読んでも役に立つ知識は身につきそうもないが、どれほど熱心にプロパガンダが行われていたかはよく分かる。そして、視野の狭い、独善的な言説が世に溢れていたかも。

 しかし、正しい情報を与えず、自分たちを信じろ、艱難辛苦に耐えろと言われてもねぇ。困ったものです。

 本書はそんなトンデモ記事にツッコミを入れる。穿ったことを言おうとしすぎて空回りなところが散見されるが、無駄に勇ましく男臭い広告と一歩も二歩も引いたところからのツッコミとのギャップが面白かった。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2013/08/10(土) 19:42 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。