カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1246冊目 理系の子―高校生科学オリンピックの青春
理系の子―高校生科学オリンピックの青春理系の子―高校生科学オリンピックの青春
(2012/03)
ジュディ ダットン

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆☆


 高校生科学オリンピック。それは、高校生たちが自分たち自身で行った研究をプレゼンする場である。それだけ聞くと夏休みの自由研究をイメージされるかもしれないが、そんなレベルのものではない。最大の大会にもなると賞金総額400万ドル(!)にもなり、出場者の少なからずが発見を特許に結びつける、科学者顔負けの場だ。

 本書は、インテル国際学生科学フェア(ISEF)の2009年大会に出場した6組の出場者と、それまでに伝説的な成果をあげた人々の姿を追ったノンフィクション。

 中には世間のステロタイプ通りの"研究オタク"的な人もいるし、本業はモデルでたまたま科学に手を出しただけという人もいる。苦しい生活から抜け出すために奨学金を得ようとする人もいれば、荒れた生徒を正道に戻すために科学オリンピックという場を与える教師もいる。

 どの人のストーリーもドラマティックで、いつしか全員の栄光を祈りながら読んでしまった。

 同時に、その研究内容の高度さと面白さには圧倒された。自閉症の子どもへの教育プログラム。あるいはハチの大量死の謎を解こうとする研究。ハンセン病に罹患した少女は自分の体験を元に病気の実態と治療法をまとめた。私がとりわけ気に入ったのは、子供の頃から自分でロボットを組み立ててきた少年のストーリー。彼は善き師に巡り会い、彼自身と師匠の人生を大きく変えた。陳腐な言い方になってしまうが、本当に感動のストーリーだった。

 子どもたちが主役の科学オリンピックが毎年全米各地で行われ、優勝者には奨学金や賞金といったメリットが有る。こうした活動は日本ではほぼ見られないことを考えると、アメリカの科学研究の強さが那辺にあるか感じられるのが良い。こんなにも研究を社会が後押ししているのは素直に羨ましい。

 でも、一方でまともな進化論教育も受けられず、ID説のような阿呆らしい妄想を叩きこまれても居るんだよなぁ、との複雑な思いにも襲われるが……

 大変面白かった『ロケットボーイズ』の雰囲気もあり、とても興奮しながら楽しく読んだ。理科教育について考えさせてくれるのも素晴らしい。科学に興味が有る方は是非読んでみて下さい。


関連書籍:
ハチはなぜ大量死したのか (文春文庫)ハチはなぜ大量死したのか (文春文庫)
(2011/07/08)
ローワン ジェイコブセン、福岡 伸一 他

商品詳細を見る


ロケットボーイズ〈上〉ロケットボーイズ〈上〉
(1999/12)
ホーマー ヒッカム・ジュニア

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2013/08/05(月) 19:24 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。