カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1220冊目 アジア史論
アジア史論 (中公クラシックス)アジア史論 (中公クラシックス)
(2002/03)
宮崎 市定

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 大学時代、今に劣らず雑食性だったワタクシは、理系学生だったにも関わらず、卒業単位には全く関係のない文系の授業を受けまくっていた。なにせ、開いているコマは文系で埋めていたのだから相当にアレな話だ。そうしてお邪魔していた中に、東洋史の授業があった。そこで、著者を知った。授業を受け持っていた助教授曰く、"東洋史のヘビー級チャンピオン"こそが著者だという。

 本書は著者の1950年代の論考を集めたもの。ええ?60年くらい前だって?そうです。でも、不思議なことに古さを感じさせないのですよ。

 アジア史と言われれば何を想像するだろうか?秦漢帝国?唐?朝鮮-日本関係?

 いやいや、本書の扱う範囲は遥かに広い。時間的にも、空間的にも。

 アジアというからには、西アジア、つまりヨーロッパとの境界から、我らが日本まで、西アジアでヒッタイト帝国が勢力を誇った頃から近代日本がなぜこのような発展を遂げたかまで、本当に広く論じている。しかも、これ以上ないくらいにざっくばらんに、飾りっけなく。

 本書を読めば、人類史において専攻していたのは西アジアであったという事実がはっきり分かる。先進的な西アジアに貴金属が流れていったことが東洋の経済的な負の連鎖を生んでいた。それはヨーロッパも同じ。

 今の世の中に生きていると、欧米というかヨーロッパで起こった産業革命が人類史に計り知れない影響を与えたことを認識せざるを得ない。それは同時に、ヨーロッパが人類史上に置いてヨーロッパが常に先進的な地域ででもあったかのような錯覚を与える。しかし、それは間違いだ。ヨーロッパは、文化的にも政治的にもルネッサンスまでは西アジアの後塵を拝する立場だった。

 本書は、世界史における地理的な中心であったアジア(他の地域は、地政学的な点で中心にはなり得なかった)を扱っている。従って、強勢であった西アジアを論じたかと思えば、辺境の田舎国家に過ぎない中国・日本に触れたりと、縦横無尽に論じているところが心地良い。

 例えば、中国では青銅器文明時代が短く、より進んだ鉄器文明が早くに入ってきたために、青銅器文明につきものの都市文化及び都市型民主主義制が成り立たなかったなんて纏められると、その意外な姿にドッキリする。まぃて、日本には青銅器文明と鉄器文明が同時に訪れたとなると、その影響力は計り知れないものがある。

 こうした意外な事実の提示を、物凄くざっくばらんな言い方で行なってくれるのが凄い。ふと気がつくと、宮崎ワールドに引きこまれている。そして、西アジアこそ世界史の中心であった歴史時代に思いを馳せている自分気付くくことになる。中国が好きな人でも、目から相当量の鱗が落ちることが確実な1冊。

 三国志とか史記が好きな方が陥りがちな、英雄の行跡を後追いするというよりは、歴史の流れにおいて各時代がどのような意味を持っていたのかに注目する、意外な本。中世が何故古代とも原題とも明らかに違う時代なのか、近代はそれをどのように超克したかを感じさせてくれる1冊。
関連記事
スポンサーサイト

中国史 | 2013/06/26(水) 23:03 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。