カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1205冊目 ペローの昔ばなし
ペローの昔ばなし (白水uブックス)ペローの昔ばなし (白水uブックス)
(2007/07)
シャルル ペロー、ギュスターヴ ドレ 他

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 各地で語り継がれてきた昔ばなしを集め、世に広めた人は少なくない。イソップ然り、グリム兄弟しかり。本邦では宇治拾遺物語今昔物語集がそれに当たるだろう。

 本作、ペローの昔ばなしも同じ。眠れる森の美女、赤ずきん、青ひげ、長靴をはいた猫、サンドリヨン(シンデレラ)日本においてもほとんど全ての人が知る物語が収められている。特に赤ずきんはペローより前に書いた人は居ないらしい。余談ながら、本作では赤ずきんが狼に食べられてしまうところで物語は終わる。

 これらの物語は、教訓話となっていて、各話の最期に教訓が述べられている。それを見ると、赤ずきんなどは明らかに甘言を弄して女性に手を出す者への警戒である。自由恋愛社会との温度差を感じなくもないが、子どもへの教訓としては的外れではなさそうだ。ちなみに、こんな感じである。

  オオカミと言いましたが、オオカミにも、
  いろんな種類のやつがいるんです。
  静かにしていて、どなったりおこったりしないで、
  じょうずに人にとりいるようなオオカミもいて、
  なれなれしく、ねこなで声でやさしいことを言いながら、
  若いお嬢さんのあとについて、
  家の仲間で、部屋のなかまではいってきます。
  ところで、だれでも知っているように、そういうねこかぶりのオオカミこそ、
  どんなオオカミよりも危険なやつなんです。
 (p.61より引用)


 ええと、世のお嬢さん方、わたくしめはとっても安全な♂ですのでご安心を。

 本書を手に取ったのは、息子が幼稚園の年長さんのときにやった長靴をはいた猫(息子は「全てタラバ公爵のものです」くらいのセリフしか無い、超☆脇役の農民役でした)で懐かしくなったから。

 たまにはこうした本を読むのも楽しい。最近の子供向け絵本のように、お子様向けに骨抜きにされた物語ではないところが面白かった。
関連記事
スポンサーサイト

未分類 | 2013/06/02(日) 19:27 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。