カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1199冊目 宇宙から恐怖がやってくる! ~地球滅亡9つのシナリオ
宇宙から恐怖がやってくる! ~地球滅亡9つのシナリオ宇宙から恐怖がやってくる! ~地球滅亡9つのシナリオ
(2010/03/24)
フィリップ ・ プレイト

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆☆


 6500万年前、ユカタン半島。直径10キロ強の小惑星が、この地を襲った。その爪あとは、巨大なチクシュルーブ・クレーターとして残されているが、この衝突は地球規模で大掛かりな絶滅をもたらした。そう。恐竜の絶滅である。

 困ったことに、この程度の天体は宇宙にゴロゴロある。そして、そのうちの少なからずは地球の軌道と交差する。それは必然的に、この巨大な破壊が再び地球を襲うことを示しているのだ。

 宇宙の恐怖はそれだけではない。太陽活動も地球に多大な影響を与える。あるいは、(天文学的に)地球のすぐ近くで超新星爆発があれば、地球はガンマ線やニュートリノで焼きつくされてしまう。それには25光年以内での超新星爆発という極めて稀な事件が必要だが。

 あるいは、ガンマ線バーストの高出力ビームが地球を直撃したらどうだろう。ブラックホールが地球を丸呑みしたら?SFでさんざん取り上げられた、宇宙人の脅威は?

 ああ、しかし、これらは起こる可能性が低いのでまだ良い。残念なことに、100%確実に地球を破滅に追いやる危機がある。それは、太陽の寿命である。あるいは、我々の銀河系は、アンドロメダ銀河と急接近している。20億年ほどで衝突するのは確実だ。

 待て、それは遥か未来だから人類の科学・技術でなんとか対処できるかもしれない。しかし、星が無くなってしまうのは如何ともし難い。恒星の誕生は、1兆年程で終わってしまう。その後で何十億年か経てば、宇宙に煌めきは無くなってしまうのだ。

 怖がることは無いのではないかと思う方、貴方は正しい。

 本書は、こうしたありうる恐怖のシナリオを丁寧に分析することで、宇宙の深遠さと不思議を語るものになっている。

 例えば、太陽系の成り立ちであったり、太陽系の銀河系内での振る舞いであったり、ガンマ線バーストやブラックホールや超新星爆発といった超巨大質量の天体の不思議であったり。特に後半、太陽の死では恒星の一生を追いかけ、宇宙の死では宇宙誕生からの進化を追う。一冊で、天文分野を広く漁りながら魅力的な歴史を語る、とてもおもしろい本。

 宇宙の不思議をつくづく感じさせられた。SFレベルであろうと、宇宙に興味が有る方には是非ともお勧めしたい。ついでに、こうした事実を解き明かしてきたことや、今の時点でできることの多さに感心できる、盛り沢山な一冊。
関連記事
スポンサーサイト

素粒子・宇宙論 | 2013/05/22(水) 23:23 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。