カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1195冊目 マインドコントロール 日本人を騙し続ける支配者の真実
マインドコントロール  日本人を騙し続ける支配者の真実マインドコントロール 日本人を騙し続ける支配者の真実
(2009/12/07)
池田整治

商品詳細を見る


評価:☆


 こ、このままでは日本は破滅してしまう!な、なんだってーーー!な本。分かっていて手に取ったので別に驚きや失望はなかったのだけど、どうせダメな本ならもっと徹底してダメな本であって欲しかったなぁ。中途半端だ。

 さて、ハッキリ言って、30を過ぎた人で、この本を読んで悲惨な事実誤認を10個すら見つけられないようなら、過去の人生経験を恥じなければならない。それくらい酷いレベルの本で、日本人がマインドコントロールを受けている等という寝言を言うのがいたら、こんな程度の本が出版を許されるんだからそんな事実はねぇよと言ってやるのが良い。

 間違いを指摘するにも、ページを繰る毎に現れるくらいなので付き合うのは避ける。取り敢えず、笑ったところをご紹介。一緒に笑いましょう。

 まずはコレ。

 ちなみにインスタントのカップ麺に使われている化学添加物の凄さがシンプルにわかる例としては、二〇〇食分を一気に食べると人間は即死するそうだ。天然のものなら食べ過ぎで死ぬことはあり得ない。(P.35)


 嘘こけ(笑)。200食分も食ったらなんだって死ぬわ。水だって飲み過ぎたら水中毒で死亡する。血液中の浸透圧が不足して赤血球が破裂するから。塩だって、300gも食ったら死ぬ。てか、カップラーメンを一杯200gだとして、200食分って40キロだぞ?一気に食べたら即死するって分かるだろ?ステーキだろうが米だろうがパンだろうが同じ。

 この人の論、粗雑なんだよなぁ。

 出雲の国でヤマトタケルが王になったころ、九州の高千穂地方に大陸から稲作文化を持って来た呉の人々が、新興国家「邪馬台国」を作っていた。そしてヤマトタケルは、その邪馬台国を勢力下に収めるために遠征した。(略)ヤマトタケルは、邪馬台国の女王である卑弥呼と結婚。二人の間に出来た息子が大和に行き、やがて大和王朝、つまり日本国を建国するのである。
(P.100)


 ええと、魏志東夷伝が書かれた頃の呉ってことは三国志の時代だぞう。なんで呉にそんな記述が無いんだよ(笑)。余談だが、呉は人員不足に苦しんで日本(と言われる)へ人狩りに行かせたのに、むしろ兵士が疫病にかかって人口を減らしてしまったというアレなエピソードを持ってたりする。ついでに、勿論のこと、卑弥呼の息子については史書に姿が見えない。

 大和朝廷の時代の人口について中国と比較しているのだけど、"ちなみに当時の中国の中原の漢民族でさえ、約一五万人程度だったと見積もられている。"って、いつの時代だよ(笑)。三国統一時で800万人余りだったことが知られる。高句麗ですら滅亡時に70万戸弱と言われるんだぜー。

 "少数の漢民族だからこそ異民族の侵入・支配を受けやすく、その反動で「怒髪天を突く」等、儒家の誇大妄想的な表現にならざるを得なかったとも思われる"ってさあ、怒髪天を衝くの表現は既に史記の廉頗・藺相如列伝にある表現だと思うのだが。"完璧"と"刎頚の交わり"の故事の起源となった伝で、面白いのでお勧めですよ。

 イルミナティ、フリーメーソン等の陰謀組織がお約束のように姿を表して、証拠もなしに悪役と決めつけられているのは、この手の本ではお約束。もうちょっと新たな視点が欲しかったぞう。エシュロンもそりゃあもう凄い秘密兵器みたいに取り上げられているけど、情報が集まりすぎて処理能力が絶望的に足りていないので無用の長物と化している現実は書かれないのね。もうちょっと勉強しようぜ。

 というわけで、著者には科学書と歴史書とノンフィクション各100冊くらいは読んで出直してこい、と。

 恐ろしいのは、著者が陸上自衛隊小平学校の元人事教育部長だったということ。自衛隊も、こんなアレな人を将官にまで昇進させてたらまともな組織かどうか疑われまっせ。というわけで、自衛隊への(別の意味での)危惧がちょっと湧いてしまったのだったのだった。


 興味が有る方は正気を疑われる池田整治一等陸佐のトンデモ主張の数々と疑似科学ホメオパシーをご覧ください。
関連記事
スポンサーサイト

未分類 | 2013/05/16(木) 20:17 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ


これは読むのしんどかったでしょう。
カップ麺の行はもはやシュールギャグにもならないレベルなんですが、ファーストフードやらコンビニ弁当、惣菜パンが腐らないのは~なんて情報がいまだにSNSで数多くシェアされているのを見るにつけ頭が痛くなります。
こういうの信じる人達はDHMOの話をしても難なく引っかかるんでしょうねぇ
2013/05/16 木 23:39:58 | URL | ゲッター #-編集
ゲッターさん、コメントありがとうございます!

貴方ならご存じでしょうけど、トンデモを読むのはそれはそれで悪いものではないと思っています。
私は、この手の本を読む時には自分の知識を試すつもりで読んでいますので^^

それにしても、「それはひょっとしてギャグて言っているのか」というレベルのが延々と、だと、
こんなのに教わる自衛官がもう可哀想で可哀想で……。

クーデタとかなんとか、そういうのとは別の危惧が心のなかに湧いてきて困りました(笑)

ジヒドロモノオキサイドは危険ですよ!一度に60キロ飲んだら即死します(笑)
自衛隊の教官がそう言ってます(爆笑)
2013/05/17 金 22:30:43 | URL | Skywriter #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。