カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1193冊目 宇宙で地球はたった一つの存在か
宇宙で地球はたった一つの存在か (ウェッジ選書―「地球学」シリーズ)宇宙で地球はたった一つの存在か (ウェッジ選書―「地球学」シリーズ)
(2005/12)
松井 孝典

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 科学的とはどういうことか。それは、普遍性を求めることだ。では、地球は普遍的な存在なのだろか?我々は生命を普遍的なものと考える。しかし、地球の生物だけを見て普遍性を語って良いのだろうか?

 かなり大上段に構えた問いかけである。しかし、人類の来し方行く末を考える際、あるいは我々人類と地球との関わり方を考える際には、そうした問題の捉え方が重要になってくる。

 まず最初のトピックは、比較惑星学。太陽系内の惑星や、衛星についての話題が来る。土星ではヘリウムが沈降しつつあるとか、木星のあの色合いは水素とヘリウムのガスに混ざる水蒸気やアンモニア等の物質が反応しているのに対して、天王星や海王星では水にアンモニアが溶けたために青く見えるとか。

 なにより面白いのは、土星の衛星タイタン。メタンの霧雨が降るので、炭素循環ができているのなら、生物が居るかもしれない。ドキドキする話題ではないか。

 地球では当たり前のプレートテクトニクスも、磁気圏も、太陽系内の惑星や衛星の観測からは普遍的なものではない。地球はかなり特殊なのだ。

 では系外惑星はどうかとなると、本書が記された時点ではまだホット・ジュピターと呼ばれる、母星の至近距離を巡る大型ガス惑星くらいしか知られていなかったので、ちょっと古い話しになってしまっている。今では系外でも地球規模の惑星が、それも生物の生息可能なハビタブルゾーンから見つかっているので、他の宇宙生物の可能性も高い(ちょっと前、太陽系外に地球サイズの惑星 NASA発見、表面に水?なんてニュースがあった)。今後も注目したい話題だ。

 他にも環境問題の本質は何かとか、地球が全球凍結した時の話(『スノーボール・アース: 生命大進化をもたらした全地球凍結』がお勧めです)、地下の遥か深くまで広がっている生物圏とそこに暮らす奇妙な生物等、興味深い話題が沢山。宇宙や地球に興味が有る方にはお勧めです!

関連書籍:
スノーボール・アース: 生命大進化をもたらした全地球凍結 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)スノーボール・アース: 生命大進化をもたらした全地球凍結 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
(2011/10/07)
ガブリエル ウォーカー

商品詳細を見る


異形の惑星―系外惑星形成理論から (NHKブックス)異形の惑星―系外惑星形成理論から (NHKブックス)
(2003/05/01)
井田 茂

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

素粒子・宇宙論 | 2013/05/14(火) 19:22 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。