カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1161冊目 イラク大量破壊兵器査察の真実
イラク 大量破壊兵器査察の真実イラク 大量破壊兵器査察の真実
(2004/04)
ハンス ブリクス

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆

 2003年、アメリカはイラクが国連決議に違反して大量破壊兵器を保有し続けているとしてイラクへ侵攻した。世界最強の国が万全を期して挑んだ戦いにイラクはひとたまりもなく、戦線はたちどころに破られバグダッドは陥落、フセインが指揮するバース党による一党独裁政権は崩壊した。その後、フセインは処刑され、アメリカの狙いは完遂された。

 ただ一点、あると確信していた大量破壊兵器が全く見つからなかったことを除いて。

 戦争前、イラクの大量破壊兵器排除の確認にあたっていたのが、著者の率いる国連の査察官だった。結論から先に言ってしまえば、下記の主張によってアメリカは安保理決議1441号を根拠にイラクとの戦端を開いた。

(略)米国は次のように――誤って、そして内部に多少の反対意見を留保しながら――結論づけていた。まず、イラクは確かに生物・化学兵器を保有していること。それも移動式設備で製造することさえできること。そして生物・化学兵器を撒布できる長距離型無人機を製造していること。さらに過去の核兵器開発計画を復活させていること。
(P.345より)


 但し、安保理の国々のほとんどは、当時の状況において1441号決議違反を理由に開戦するには無理があると見ていた。査察は効果を上げているとしていたのである。

 本書は、開戦直前まで行われていた査察がどのようなものであったのかを、当事者が振り返った貴重な証言である。

 読み進めるにつれ、イラクが取った数多くの不合理な行為や、欧米が査察など無くとも自分たちはイラクに大量破壊兵器が存在することを知っているとの立場から苛立ちを募らせていく様が良く分かる。

 特にアメリカの傲慢が戦争を生んだのは事実であろうが、イラクの愚かさもまた、同じ程度に寄与してたように見える。

 私はイラク戦争には反対であったが、正直に言って、フセインが大量破壊兵器を完全に廃棄していたとは思っていなかった。査察という活動を尊重はするが、それは100%確実に大量破壊兵器の不在を証明できるようなものではないという思いもあった。だから、大量破壊兵器が見当たらなかったという事実は、私にも驚きをもたらしたものだ。

 それはなによりも、査察に非協力的な態度を取り続けて身の破滅を招いたフセインの非合理さを示しているから。恐らく、欧米に屈したと判断されることをフセインは嫌ったのだろう。

 現代史の貴重な証言以外にも、査察についての知識を得るという点で、本書は古臭くなってはいまい。残念なことに、世界にはまだまだ独裁的な指導者が強大な軍事力を持ち、他国に脅威を与えている国がある。日本のすぐ近くにだって、ある。そうした国に対抗するのに何ができるのか。その1つの答えが、本書にはあるように感じた。
関連記事
スポンサーサイト

太平洋戦争・二次大戦・現代史 | 2013/03/24(日) 22:34 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ


この辺りの情報は、陰謀論支持者が曲解して使うことが多いので取り扱い注意ですよねえ。
2013/03/25 月 22:02:15 | URL | ゲッター #-編集
> この辺りの情報は、陰謀論支持者が曲解して使うことが多いので取り扱い注意ですよねえ。

ゲッターさん、お久しぶりです^^

情報を冷静に評価するのは本当に難しいと感じますね。
なにせ、私も大量破壊兵器が無くて吃驚した口ですから。

だから、個人の信条とは別に、事実を事実として認めることが勇気なのかもしれません。
2013/03/28 木 22:00:17 | URL | Skywriter #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。