カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1143冊目 鱈―世界を変えた魚の歴史
鱈―世界を変えた魚の歴史鱈―世界を変えた魚の歴史
(1999/03)
マーク カーランスキー

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 寒い冬の夜の楽しみは、何と言っても鍋ものであろう。流行りの味付けされたスープを使っても美味しいし、水炊きにしてポン酢で食べるのも良い。スダチや柚子、ライムなどをちょっと垂らせば尚良い。締めは、スープに応じてご飯にしてもうどんにしても、ラーメンやパスタにしても楽しめる。しかも、栄養バランスは取れていて、部屋の加湿まで出来てしまう優れもの。特に気のおけない友人たちとならアルコール類が美味しく飲めるオマケ付きだ。

 そんな鍋に欠かせない具材の1つに、鱈がある。淡白な味わいがポン酢に合う。その卵はタラコ、明太子として御飯の友でもある。西に目を向けてみよう。イギリス料理を代表するフィッシュ・アンド・チップス。あの主人公も、やはり鱈だ。意外なことに、地中海地方が最大の消費地であるらしい。

 これほど世界中で愛されている魚である鱈であるから、その人類との関わりにより、世界の歴史にも大きな影響を与えてきたのも頷けよう。

 大航海時代、ピルグリム・ファーザーズ、奴隷制、アメリカ独立等々、意外なところで鱈が顔を出す。傑作『世界を変えた6つの飲み物 - ビール、ワイン、蒸留酒、コーヒー、紅茶、コーラが語るもうひとつの歴史』に通じるところがある。

 その鱈は資源枯渇の危機に瀕している、と言う。トロール漁船の、あの根こそぎ資源をかき集めてしまう方法が、溢れるほどに生息していた鱈を取り尽くしかけてしまったのだ。世界史に思いをはせながら、海洋資源の行末も考えさせられる一冊。


 全然気づいていなかったが、過去紹介した『「塩」の世界史―歴史を動かした、小さな粒』も同著者の作品であった。鱈の塩蔵による保管についての項でこちらの本を思い出して調べて見たらびっくりだった。私の心の琴線に触れるようなテーマを好まれる方かもしれない。ちょっとフォローしてみよう。


関連書籍:
世界を変えた6つの飲み物 - ビール、ワイン、蒸留酒、コーヒー、紅茶、コーラが語るもうひとつの歴史世界を変えた6つの飲み物 - ビール、ワイン、蒸留酒、コーヒー、紅茶、コーラが語るもうひとつの歴史
(2007/05)
トム・スタンデージ

商品詳細を見る


「塩」の世界史―歴史を動かした、小さな粒「塩」の世界史―歴史を動かした、小さな粒
(2005/12)
マーク カーランスキー

商品詳細を見る


保存食品開発物語 (文春文庫)保存食品開発物語 (文春文庫)
(2001/11)
スー シェパード

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

その他歴史 | 2013/02/07(木) 20:03 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

寄せ鍋、フライ、柏漬け、ホイル焼き・・・・
日本の食卓に鱈が与えた影響ははかりしれないです。

鱈がとれなくなったら、文化の一翼をそがれると言っても過言ではないとおもいます。
2013/02/08 金 14:31:52 | URL | タケゾウ #-編集
タケゾウさん、コメントありがとうございます!

本当に鱈が無くなったら困りますよね。
もっとも、本作で問題にしているのは大西洋の鱈らしく、日本のことには
それほど触れられていないのでちょっと残念でした。
2013/02/10 日 21:48:35 | URL | Skywriter #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。