FC2ブログ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
79冊目 奇怪動物百科
奇怪動物百科

ジョン・アシュトン著 / 高橋 宣勝訳

早川書房 (2005.6)

\777

評価:☆☆☆


 テレビも図鑑も動物園も無かった頃、世界は今よりもずっと驚異に満ちていた。もちろん、今でも驚異が無くなったわけではなく、面白いことはいろいろあるのだけれど、昔とは質が違う。なぜなら、その昔は異郷の地のことは旅人から聞いた話から想像するしかなかったわけだから、異郷の地のイメージは想像のみだった。イマジネーションが世界を規定してた。だからこそ、現実の世界以上に不思議が溢れていたのだ。

 例えば世界像では、大地は平らな盆のようなもので、盆の端から海水が落ちて行くのをポセイドンの軍勢が押し戻している(だから波ができる)、というような今の知識からみたら奇天烈なものが出来上がっていった。

 昔の人々が伝聞から想像していた奇怪なもののうち、動物を集めた一種の空想動物園のような本である。中には巨人や小人、りんごの匂いだけで生きている人などの人類、ドラゴンやハーピー、人魚にスフィンクスにグリフィンとファンタジーには欠かせない幻獣がわんさと収められている。更に面白いのは、本書の扱っている奇怪動物が想像上の生物に留まらないところだ。

 実在の奇怪動物には2つのパターンがある。実在するけれども伝聞から想像するしかない動物を書いたため実像と食い違っていることがあるものと、身近にいる動物であっても異郷の地では奇怪な動物になってしまったものだ。ワニやサイ、イッカクなどが前者に、犬やネコや狐が後者に当る。狭い行動範囲をちょっと越えたらそこはもう想像のなかの生き物が跳梁跋扈する、不思議な世界だったのだろう。

 そういった驚異が身近から失われてしまったのは残念かもしれない。想像のなかで息吹を与えられた奇怪な生物達のこれまた奇怪な生態を、永遠に失ってしまうのは実にもったいないことではなかろうか。そう思う人々が多いからこそ、このような本が生き残ってきたと思う。そしてその思いが、奇怪な幻獣達をいきいきと描き出す原動力になったのではないか。ドラゴンなんていない、と呟くその前に、ちょっとこんな世界を覗いて見ると面白いと思う。
関連記事
スポンサーサイト




未分類 | 2005/10/25(火) 10:29 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する